2018/01/10(水)選手

新人若鷹が入寮式。吉住投手「素晴らしい環境」

若鷹ルーキーたちがプロ野球人生を本格スタートさせました。

1月10日(水)、福岡県筑後市の若鷹寮にて新人選手11名が入寮式に臨みました。

太田宏昭代表取締役専務 兼 執行役員より訓示があり「今年のお正月は今までとは違う気持ちで過ごしたと思います。人生の岐路。色々なことを考えたと思います。皆さんは4つのことを心に留めてください。『自信』――選ばれてホークスに入った。苦しい時もあるけど、ホークスの優秀なスカウトが選んでこの世界に入れたんです。その自信を忘れないでください。『自覚』――1人の社会人として、ホークスの一員として。『結果』――プロとして結果を追い求めるのは当然。とことん技術を突き詰めてほしい。『感謝』――ここまで育ててくれたご両親はもちろん、これから出会うすべての人々に感謝を」という言葉を聞いたルーキーたちは、より一層表情を引き締めていました。

それを受けてドラフト1巡目入団の吉住晴斗投手が「この素晴らしい環境で生活が出来る。野球はもちろん、一社会人といての自覚も持ってこれから頑張っていきます」と決意の言葉を口にしました。

ホークスの明るい未来を築き上げていく若鷹たち。この日の午後からは新人合同自主トレもスタートさせました。

2018年1月10日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

吉住 晴斗

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる