2018/02/24(土)選手

【戦評】城所選手、グラシアル選手に一発!

2月24日(土)紅白戦第4戦 宮崎アイビー

紅組
白組

※特別ルール

バッテリー

(紅)バンデンハーク、長谷川宙、石川、田中――甲斐、九鬼
(白)千賀、中田、岩嵜、飯田、古谷――谷川原、堀内

本塁打

(紅)城所
(白)グラシアル

スタメン

(紅)4川島 6西田 5松田 3内川 9上林 7江川 8福田 2甲斐 D城所 D九鬼
(白)4本多 D高田 7中村晃 8柳田 6グラシアル 9吉村 3塚田 5曽根 2谷川原 D堀内

戦評

先攻したのは紅組。初回、江川智晃選手のタイムリーなどで3点を先制。2回にも先頭の甲斐拓也選手の三塁打に続き、城所龍磨選手が右翼席へアーチを掲げてさらに2点を追加した。千賀滉大投手は2回5失点(自責点4)と課題を残した。

白組は3回に猛攻。1点を返しなおもノーアウト二、三塁から柳田悠岐選手が2点タイムリーを放ち、さらにグラシアル選手が同点となる2ラン。その後もチャンスを作り、谷川原健太選手のレフト線タイムリーで試合をひっくり返した。
リリーフ陣は試合を締め、田中正義投手は2回を投げて4奪三振、無失点と好投した。

2018年2月24日掲載
田尻耕太郎

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる