2018/10/12(金)球団

【明日CS】工藤監督が決意「選手を信じる」


明日13日(土)からスタートする「2018 パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ(以下CSファースト/全戦ヤフオクドーム)の開幕前日共同記者会見が、10月12日(金)にヤフオクドームのプレスカンファレンスルームで行われました。
ホークスから工藤公康監督、柳田悠岐選手会長。ファイターズから栗山英樹監督、中島卓也選手会長。さらにパーソルホールディンクス株式会社の高橋広敏副社長が出席しました。

以下、工藤監督の主な一問一答。

――チームの状態は?
「レギュラーシーズンが終わった時よりも上がっていると思います。絶対に勝つという思いで準備をしてきた。自信を持って臨みたい」

――シーズン中の対戦成績はほぼ互角でした。相手の印象は?
「ファイターズは足で得点もしてくるし、長打もある。隙のない野球をしている。そこをどうやって止めるのかが課題。この4日間で練習もしてきた。何とか防いで勝てるようにしたい」

――CSファーストは超短期決戦。ポイントは?
「初戦を勝ったチームが絶対的に有利。どう勝つかが大事だけど、3試合やることも考えたうえでの戦略、作戦を考えないといけない。また、勢いに乗せてしまうと止めるのが難しい。まずは明日の初戦をどうやって取るか。ミーティングも重ねています」

――どんな試合展開が理想?
「今年のシーズンを考えると先発投手が最初のひと回りをどう抑えるか、そして先制点をどう取るか。流れを自分たちにどう引き寄せるかだと思います。CSは投手交代、選手交代に今まで以上に神経を注がないといけない。点を取れそうな場面では大胆にいくこともある」

――初戦はミランダ投手が先発。起用の意図は?
「もちろん安定感があること。一番いい投球をしてくれて、勝利を持ってくる確率が一番高い投手を選びました」

――改めて決意を
「最終目標は日本一。まず大きな山を越えないといけない。選手と心ひとつに、チームをひとつに戦いたい。選手を信じて明日から起用したい」

2018年10月12日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる