ホークスの歩み

1952年

昭和27年(1952年)


山本兼任監督に代わるレギュラー二塁手として抜擢され、期待にこたえた岡本伊三美


前年までの兼任監督・山本一人が監督業に専念、自分のあと釜にファームにいた岡本伊三美を抜擢し、それがズバリと的中した。打率.299(9位)、33盗塁もさることながら、対毎日戦にしばしば殊勲打を放ってチームに貢献した。最高殊勲選手は19勝7敗で防御率1位(1.91)投手の柚木進投手だったが、投手でいえば服部武夫(16勝6敗)、中谷信夫(11勝5敗)、江藤正(11勝5敗)、打者でいえば飯田徳治(.323=3位)、堀井数男(.297=10位)のほか、主力の笠原和夫が不調なら簔原宏島原輝夫が出てき、レギュラー捕手・筒井がスランプなら松井淳捕手が頑張るなど、チームあげての"総力戦"の力を示した。4年連続盗塁王(55盗塁)になった木塚忠助の"足の力"も南海の魅力を維持した。

(画像左)
パ・リーグ打点王 に輝いた飯田徳治
(画像中央)
リーグ優勝のペナントを 受ける山本一人監督
(画像右)
南海を引っ張った エース・柚木進投手

パ・リーグ成績

順位 チーム

西










1 南海 - 14 15 151 9 9 14 121 76 44 1 .633 -
2 毎日 8 - 12 17 13 10 15 120 75 45 0 .625 1.0
3 西鉄 7 10 - 14 111 12 13 120 67 52 1 .563 8.5
4 大映 71 5 8 - 11 12 12 121 55 65 1 .4583 21.0
5 阪急 9 5 61 7 - 10 12 108 49 58 1 .4579 20.5
6 東急 9 8 6 6 8 - 12 108 49 59 0 .454 21.0
7 近鉄 4 3 5 6 6 6 - 108 30 78 0 .278 40.0

試合前の巨人・水原(右)、南海・山本両監督


10月9日にリーグ優勝が決まった南海は中1日で日本シリーズ。その最終戦にエース・柚木が投げていたため、シリーズ第1戦に起用できない。それが大きくひびいた。
第1戦の先発は巨人・別所、南海・大神。巨人はすぐ川上の2ランなどで3-0とリードしたが、南海も飯田黒田らの快打で4回表に追いついた。巨人がしぶといのは、そこから。同点にされるとすかさず下位の広田、平井が打って出て上位打線につないで引き放す。
第2戦は巨人・藤本投手のワンマンショーで投げては完封(11-0)、打っては2ラン・ホーマーを含む2安打4打点。中原井上小畑の南海投手陣は巨人打線に14安打を浴びた。
南海の本拠地・大阪球場に移ってやっとエース・柚木が登場して、南海は一矢を報いた。中4日の休みをとった柚木はそれまで打ちまくっていた巨人打線を完封、打者では先制2塁打を含む3打点の堀井のバッティングが光った。

南海投手トリオ。左から井上、柚木、大神

前年のシリーズで南海唯一の白星をあげた服部が先発した第4戦、巨人の先発は別所。巨人3-1の7回裏、南海は代打村上のタイムリーで1点差と迫ったが8回表、別所のバットでとどめをさされた。このシリーズ、投手の別所が打者として9打数5安打3打点、藤本が7打数3安打4打点。おそるべき2大投手だった。
その藤本が2度目の登板となった第5戦、南海打線が頑張った。南海の先発は江藤。初回いきなり巨人に1点先制されたがその裏、すぐ飯田のタイムリーで追いつき、今度は江藤投手もよく打って上位打線につなぎ、4-1で逃げきった。

第6戦、一度は南海のリードになる先制ホームランを放った森下正夫内野手(左)。右は岡本伊三美内野手

これで南海2勝、巨人3勝。しかも再び後楽園球場にもどった第6戦、南海の新鋭・森下が巨人・藤本投手から2ランホームランを奪ってリード、波乱が予想されたが、藤本投手はそこから立ち直って、バットのほうまで冴えた。5回裏、みずから2塁打して反撃の口火をきり、与那嶺4球のあと千葉が同点2塁打。力投を続けていた柚木は動揺したのか6回裏、3塁に走者を置いて痛恨のワイルドピッチ。それが決勝点になった。7回からリリーフした別所が南海打線を抑えきって、シリーズ3勝目の最高殊勲選手。打撃賞は.417の巨人・与那嶺だった。

(画像)
南海の首脳トリオ。左から蔭山、山本監督、柚木

日本シリーズ成績

第1戦 南海1敗 10月11日 後楽園23,794人
南海 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
巨人 0 1 2 3 0 0 0 0 X 6
第2戦 南海2敗 10月12日 後楽園26,799人
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 3 0 2 2 1 0 3 X 11
第3戦 南海1勝2敗 10月14日 大阪23,744人
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
南海 2 0 0 0 0 0 0 2 X 4
第4戦 南海1勝3敗 10月15日 大阪20,117人
巨人 0 0 0 1 0 2 0 3 0 6
南海 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
第5戦 南海2勝3敗 10月16日 後楽園15,297人
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
南海 1 0 3 0 0 0 0 0 X 4
第6戦 南海2勝4敗 10月18日 後楽園34,595人
南海 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
巨人 0 0 0 0 2 1 0 0 X 3
協力:(株)ベースボールマガジン社