ホークスの歩み

1959年

昭和34年(1959年)

勝率.905でチームを優勝に導いた杉浦忠投手


勝率.905。この驚異的な数字を残したのは、杉浦だった。38勝してわずか4敗。防御率1.40の1位。勝率、最多勝、と頂点をきわめ、優勝の立役者となった。最高殊勲選手も当然の結果だった。52イニング3分の2の連続無失点、336奪三振のリーグ新と記録も多岐にわたる。南海は超人・杉浦に続き祓川18勝7敗、皆川10勝6敗、サディナ10勝10敗だったが、ここぞと思うときには、杉浦が投げてきちんと星を残した。
打線は杉山が.323で初の首位打者。広瀬.310の4位、穴吹.287の10位。大型化も野村21、穴吹15、寺田13ホーマーと順調に育った。夏場に1度ピンチがあったが、そこを乗り切ると完全優勝へまっしぐら。西鉄、阪急の不振もありライバルは大毎だけ。巨人と同じように、チームワークに乱れがなく、4年ぶりの優勝をものにした。

(画像左)
打率.323で初の首位打者となった杉浦光平
(画像中央)
皆川陸男投手
(画像右)
ベストテン4位の広瀬叔功外野手(右)

パ・リーグ成績

順位 チーム


西








1 南海 - 14 171 162 211 20 134 88 42 4 .677 -
2 大毎 12 - 14 195 171 20 136 82 48 6 .631 6.0
3 東映 91 12 - 14 163 161 135 67 63 5 .515 21.0
4 西鉄 102 75 123 - 171 203 144 66 64 14 .508 22.0
5 阪急 51 91 101 91 - 15 134 48 82 4 .369 40.0
6 近鉄 6 6 10 63 11 - 133 39 91 3 .300 49.0

シリーズ最高殊勲選手賞の自動車に乗ってファンに帽子を振ったとき、杉浦の右手の指からは血がにじんでいた

立大時代からの親友同士、杉浦-長嶋対決も大きな話題に

"敵地"後楽園球場での杉浦投手の胴上げ

5度目の対決でついに巨人を倒しチャンピオン・フラッグを手に感無量の鶴岡一人監督

一時は「ナンカイ戦っても勝てぬナンカイ」といわれ、その屈辱から立ち上がった鶴岡監督(右)と巨人・水原監督決意の握手

優勝決定直後のインタビューで「ひとりになりたい」とつぶやいた杉浦投手


大阪球場の第1戦は、巨人義原、南海杉浦だった。エース対決を避け、藤田温存の水原采配には、自然と弱気が漂っていた。義原は、しかし、1回も持たなかった。わずか6打者、1死をとっただけ。南海の鮮やかな速攻は、半田の3ゴロ失から始まった。広瀬大沢野村が集中打を浴びせ、義原をKO、別所がリリーフに立った。その別所にも、南海は容赦せずに襲い掛かり、早くも5点を先行する。3、5回に岡本が連続本塁打を別所から奪い、前半で7-0。巨人も後半反撃したが、10-3になった9回、代打策でベンチへ引っ込んだ杉浦に代わった祓川皆川が打ち込まれ一挙4点を献上したまで。過去、日本シリーズで4度対戦して4度とも巨人の軍門に下っている。そのたびに鶴岡監督は、超人的なエースとパワフルなバッティングが不可欠だと思った。そしていま、その条件は整った。

第2戦、巨人は満を持してエース・藤田を先発。南海は田沢。公式戦2勝0敗、明らかに継投を意識した鶴岡用兵である。果たして田沢は、いきなり長嶋に2ランホーマーを喫して、2回から三浦。打線は藤田に執拗に食い下がる。4回無死満塁に長谷川が、藤田の初球を右翼線にタイムリーして同点。さらに野村の内野ゴロ、寺田の適時打で4-2と逆転した。こうなれば杉浦。6回にも岡本寺田が打って2点。投打の歯車がかみ合っての6-2だ。7回、巨人は杉浦から、王の2塁打を足がかりに、森の安打で1点を返した。しかし杉浦はお返しとばかりに9回、王、森、そして代打藤尾を3者3振に切り捨てた。
第3戦は後楽園に移る。移動日があったから当然エース同士の杉浦対藤田。巨人が1回、敵失の走者をおき長嶋が遊撃を強襲して先取点。南海も2回すぐ反撃する。安打の杉山を置いて、野村が中堅越えに、なんと130メートルに達する大ホームラン。あっさり2-1と逆転した。両エースの投げあいはたんたんと続き、9回、巨人は絶好機をつかんだ。坂崎の同点本塁打が飛び出したあと、加倉井の2塁打で1死2、3塁。サヨナラの場面で、水原監督は代打・森。ヒーローは監督でも、エースでもなかった。するすると前へ出てきた中堅手・大沢だった。

森の打球を読み取ったような守備態勢。そこへ、まぎれもなく森のライナーが飛んでいった。がっちりつかんだ大沢は、すぐさま絶好球をホームへ送った。3塁走者広岡は、当たりにつられて、一瞬飛び出してからの再スタート。3塁に戻るその分だけ遅れた。大沢の返球の方が早かったのだ。タッチアウト!巨人の勝機はこれで消えた。
2-2の延長10回、寺田の2塁打が中堅右に決まって決勝点が生まれる。外野守備の巧拙が、明暗を分けた。
第4戦は雨で1日順延され、巨人は雨にたたられる。南海は、杉浦を立てて、一気の4勝狙いだ。あの30年、あと一つ、大手をかけてからの連敗の痛み、失ったものの大きさを肝に銘じて、忘れていないからだ。巨人も藤田に最後の夢を託した。
3回杉山の2塁打で、南海は先行する。7回にも満塁で遊ゴロ失と、森下の犠飛で貴重な2点が追加された。南海は、あとは一直線でゴールへ飛び込むことだ。4連投、4連勝の記録へ向かって、しかし、杉浦にはやる気分はなかった。落ち着いたマウンドさばきは見事といっていい。
4連勝無敗。5回目にして始めて巨人に返礼した南海は、ビッグな成績でシリーズの歴史に新しいページを書き込んだのだった。

当時の南海の主力打者たち。左から広瀬叔功、島原輝夫、杉山光平、野村克也、岡本伊三美、森下整鎮、大沢昌芳、長谷川繁雄

(画像左)
4連勝で優勝決定の瞬間、杉浦投手にとびつく南海選手たち
(画像右)
試合終了直後、チャンピオン・フラッグを背に鶴岡監督の音頭で「カンパーイ!」

日本シリーズ成績

第1戦 10月24日 大阪
巨人 0 0 0 0 0 1 2 0 4 7
南海 5 0 1 0 1 0 3 0 X 10

杉浦○ 義原● (本)岡本(2)(南)

第2戦 10月25日 大阪
巨人 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
南海 0 0 0 4 0 2 0 0 X 6

杉浦○ 藤田● (本)長嶋(巨)

第3戦 10月27日 後楽園
南海 0 2 0 0 0 0 0 0 1 3
巨人 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2

杉浦○ 義原● (本)野村(南) 坂崎(巨)

第4戦 10月29日 後楽園
南海 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

杉浦○ 藤田●

協力:(株)ベースボールマガジン社