ヤフオクドーム大規模改修

福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡 ヤフオク! ドーム」は、
さらなるエンターテインメント化を目指し大規模改修を実施いたしました。

改修のあゆみ
ホークスビジョン

ホークスビジョン
(センタービジョン)

現在5つの映像表示装置で構成されている
世界最大の屋内表示装置「ホークスビジョン」がパワーアップ。

詳細はこちら
3階コンコース

3階コンコース
(球場内回遊通路)

黒と白を基調としたデザインに一新。
LED&LCDも160枚導入。

詳細はこちら
バナー
トップゲート

王貞治ベースボールミュージアム跡地にできた新スポットの入口TOP GATE。
外周デッキから4階へ続く入口をスタンドの最上段・最上階へつづくという意味を込めて
「TOP GATE(トップゲート)」と名付けました。

トップゲート

幅5m・高さ5mを拡大し(896.5㎡、現状の約1.7倍)、さらに、世界最大の表示面積ビジョン(3面合計:1535.5㎡)へと入れ替え、球場内スピーカーは3Dデジタル立体音響システムの最先端スピーカーを導入します。(5面合計:1923.1㎡)

ホークスビジョン ホークスビジョン ホークスビジョン ホークスビジョン ホークスビジョン ホークスビジョン

黒と白を基調としたデザインに全面刷新。壁面には、約150枚以上のLED・LCD映像モニター(総面積400㎡、現状の約4.7倍)を設置し、場内演出やプレーと連動した一体感溢れる演出を繰り広げます。
さらに、カウンターには、スマートフォンやPC のUSB 接続口も設置。
このほか、トイレ空間も、エンターテインメント空間ならではのホークス感あふれる遊び心満点の空間を演出しています。
(コンコース内15 か所)

8か所あるゲートは、ヤフオクドームへの来館を歓迎するのにふさわしい、野球や鷹、九州をモチーフにしたデザインを施しました。

1ゲート:人工芝Sh ホークスロゴモチーフ
2ゲート:選手モチーフ(今宮選手・中村選手)
3ゲート:選手モチーフ(内川選手・甲斐選手)
4ゲート:選手モチーフ(東浜投手・松田選手)
5ゲート:野球のボールとバットで勝利の花火を再現
6ゲート:花で九州と福岡を表現
7ゲート:水墨画風鷹モチーフ
8ゲート:選手モチーフ(千賀投手・柳田選手)

3階コンコース 3階コンコース 3階コンコース 3階コンコース 3階コンコース

クラブホークス会員・タカポイント会員専用のラウンジ「FAN’S SQUARE(ファンズスクエア)」。
タカポイントのステージによりご利用いただけます。試合前のくつろぎの場所として、さらには試合観戦も可能なコミュニケーションスペースとしてご利用ください。
ラウンジ内では、無料でソフトドリンクや軽食などを提供します。(アルコールや一部フードは有料メニューも提供予定)

ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア ファンズスクエア

クラブホークス会員・タカポイント会員のタカポイントと商品の交換場所が、新たなスポットとして誕生しました。
ポイント交換グッズを実際に手に取り、交換できます。アパレルやタオル・トートバックなどを取りそろえています。

タカポステーション タカポステーション

ライト側外野席後方に、飲食販売スポットがお目見え。スタジアムの熱気を感じながら、野球談議もはずみます。

ライトップスタンド ライトップスタンド ライトップスタンド

ビジターファンの交流の場が誕生。
対戦球団に合わせて変化する、ビジターファン専用のスペース。球団旗をモチーフにした装飾(フォトスポット)や、ビジターグッズの販売、各チームの選手紹介等が楽しめます。

レフトップビジター レフトップビジター レフトップビジター

試合イベントと連動した、
ゲストのトークショー・エキシビションや他企業とタイアップしたポップアップストアなど、イベントブースとしても展開!

2019 年オープン戦より、ホークス本拠地福岡移転30 周年「プレイバック1989-1993」と題し、ホークス関連の展示はもちろん、当時の様子をファッション・ゲーム・おもちゃ・漫画・映像・音楽などから楽しめるコーナーも展開します。懐かしいあの時代へタイムスリップ!

レフトップスペース レフトップスペース レフトップスペース

3 月1 日(金)よりグラウンドオープンする「HAWKS STORE」ドーム店の店内は、ホームベースやマウンド、バッターボックス、バックネットを彷彿させるグリーンのファーニチャーなど臨場感あふれる仕様になっております。
シーズンスタートデー来場者へのキャペーンはこちら

ホークスストア ホークスストア ホークスストア ホークスストア ホークスストア ホークスストア

庭園デザイナー「石原和幸氏」監修

大階段エスカレーター

石原和幸
庭園デザイナー
誕生年 / 1958年(60歳)
出身地 / 長崎県長崎市

22歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗 そして庭造りをスタート。
その後、苔を使った庭で独自の世界観が 国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」 で高く評価され 2012年から2018年には7年連続でア-ティザンガーデン部門(庭師部門)で 金メダルを受賞し、これまで計10個の金メダルと部門内1位に贈られるベストガーデン賞を5度獲得。
今年2018年の作品では、庭園タイトルを「おもてなしの庭」とし、2019年のラグビーワールドカップ日本大会、20年の東京五輪を念頭に“日本のおもてなしの心を世界に発信したい”と思いを込め、細部にまでこだわった庭が好評価を得た。
全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。

大階段エスカレーター 大階段エスカレーター

ヤフオクドーム外野席の後方エリアに、福岡のシンボルである「明太子」をモチーフにデザインした観戦シート「やまや めんたいこBOX」が誕生。
さらに、BOX内のインテリアも明太子をモチーフとしたデザインの家具を揃え、来場の記念はもちろんSNS用の写真撮影など、福岡を象徴するフォトジェニックな新スポットです。

めんたいこBOX

席数:9
BOX:54席
〔1塁側:6席×6BOX:36席、3塁側6席×3BOX:18席〕
座席位置:外野席後方

めんたいこBOX めんたいこBOX めんたいこBOX めんたいこBOX

ヤフオク!ドームの外周、ドーム内外のサイン表示をリニューアルいたしました。

外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン 外周ゲート、サイン