12年目を迎える「鷹の祭典」。
今年の鷹の祭典スローガンは「ワッショイ!ワンダホー!」。
鷹の祭典ユニフォームを身にまとい、選手とファン一体となって優勝へ向けて盛り上がっていきましょう!

試合日程

7/17 MON

18:00
ヤフオクドーム
vs 埼玉西武

7/18 TUE

18:00
ヤフオクドーム
vs 埼玉西武

7/19 WED

18:00
北九州市民球場
vs 埼玉西武

7/21 FRI

18:00
ヤフオクドーム
vs 千葉ロッテ

7/22 SAT

13:00
ヤフオクドーム
vs 千葉ロッテ

7/23 SUN

13:00
ヤフオクドーム
vs 千葉ロッテ

7/31 MON

18:00
東京ドーム
vs 北海道日本ハム

8/14 MON

18:00
京セラドーム
vs 北海道日本ハム

チケットを購入する

来場者全員にユニフォームプレゼント

  • ユニフォーム

来場者全員にユニフォームプレゼント

「鷹の祭典2017」の8試合にて、全入場者(「ビジター応援席」を除く)に、「鷹の祭典2017専用ユニフォーム(レプリカ)」を配布します!

また「鷹の祭典2017専用ユニフォーム」・「鷹の祭典2017専用キャップ」を、「鷹の祭典2017」8試合と2017年7月4日(火)・5日(水)・11日(水)・12日(水)の4試合を併せた全12試合でホークス選手が着用し、公式戦に臨みます。

『1ダホー!ストライプ2017』について」

「鷹の祭典2017専用ユニフォーム」デザインを、「1ダホー!ストライプ2017」と名付けました。
チームカラーのひとつ、ホームユニフォームの白をベースカラーに設定し、ユニフォーム・パンツには「ホークスの伝統を繋ぎ、日本一へと続く道」を意味したカチドキレッドのストライプラインを配しました。
このストライプラインは、鷹の羽ばたきをイメージしたカチドキレッドの「V」の集合体で構成されており、Vに向けて心を一つにしたファンと選手の一体感を表現しています。
今シーズン、福岡ソフトバンクホークスは、「日本一」「一致団結」「一体感」をモチーフとした1ダホー!ストライプのユニフォームをまとい、悲願の日本一奪還を目指します。

鷹の祭典ユニフォームの歴史

2006年から鷹の祭典にてサードデザインユニフォームが採用されました。
以来、祭典では毎年新しいデザインのユニフォームが登場しており、そのデザインひとつひとつにホークスの「熱い思い」が詰まっています!
そんな「歴史」を感じていただくことで、今年のあなたの応援はさらに熱を帯びること間違いなし!

2006

BIG YELLOW DREAM
鷹の祭典2006 in ヤフードーム


チームカラーのレボリューションイエローをメインに採用。ちなみに帽子のツバ部分も鷹の祭典仕様で黄色に。この帽子を気に入った斉藤和巳選手会長が「今後もこれでいきましょう」と提案し、通常の帽子に採用されることとなりました。

2007

モエルゼ ナツ! ストロングホークス
鷹の祭典2007 in ヤフードーム


ホークスのイメージカラーの1つでもあるグレーをベースに、レボリューションイエローの双肩が、ファンと選手の「絆」を表現胸部分には帽子と同じ「sh」が入りました。お披露目のモデルとなった多村仁選手は「シャープですっきりした印象」と選手にも好評なユニフォームとなりました。

2008

YELLOW Spirits,20th/70th HAWKS
鷹の祭典2008 in ヤフードーム


ホームユニフォームの白と黄色を反転させたシンプルなデザインを採用。チームカラーであるレボリューションイエローを前面に押し出すことで、未来へ向けてホークスファンと1つになり「九州を発信源としてスポーツ文化のさらなる発展に貢献したい」という思いを表現したユニフォームとなりました。

2009

カツ!ナツ!
鷹の祭典2009 in ヤフードーム


テーマカラーは「玄界灘ブルー」。初めてファンの人気投票によって、コンセプトやデザインが決定したユニフォーム。「いざゆけ若鷹軍団」の歌詞の中に出てくる玄界灘の荒波と鷹の爪跡をイメージしたスラッシュラインが特徴の玄界灘ブルーのユニフォームとなりました。

2010

燃えんといかんばい!
鷹の祭典2010


テーマカラーは「カチドキレッド」。この年も「着用ユニフォームはファンの皆さんに決めてもらいたい」という選手会の思いから2009年に引き続き、アンケートから生まれたユニフォーム。「いざゆけ若鷹軍団」の「勝どきあげろ!」のイメージそのままに、選手とファンが一丸となって戦うという思いが込められました。

2011

鷹の祭典 翔ぶんダ!2011

テーマカラーは「チャンピオンブルー」。リーグ優勝チームのみ掲出が許される「パ·リーグチャンピオンフラッグ」をイメージさせるとともに、「勝利の空」の色でファンと選手が一体となって悲願の日本一を達成するために、「翔ぶんダ!」という強い意志を込められました。

2012

いくぜ!鷹の祭典2012

テーマカラーは「VVグリーン」。ホークスの伝統色であるグリーンを軸に、チャンピオンチームとして2年連続日本一へ挑む意気込みを盛リ込んだ、「VVグリーン」のユニフォームを採用しました。ちなみに鷹の祭典が東京で開催されるようになったのは、この年からです。

2013

超!ガッツメラメラ
鷹の祭典2013


「超!ガッツメラメラ」のスローガンのもと、選手とファンが一体となって、己、限界、期待を超え、挑戦者であり続ける意思、そして古来より日本の最上位色とされている「紫」に、日本一奪回への強い決意を象徴した色として、この年のユニフォームの色は「ガッツパープル」と命名されました。

2014

俺祭 鷹の祭典2014

テーマカラーは「カチドキレッド2014」。2010年の「カチドキレッド」は、ホークスを奇跡の逆転リーグ優勝に導いた、「勝ち色」でもあるため再び採用。胸のホークスのロゴが「チャンピオンゴールド」となり、2011年以来の日本一への強い思いを込めたユニフォームとなりました。

2015

アッチッチ!
熱男鷹の祭典2015


2008年以来のレボリューションイエローを採用。この年は「熱男レボリューションイエロー」にストライプラインを入れ、伝統の継承と原点回帰が表現されました。さらにこの年は帽子もイエローになり、差し色に「カチドキレッド」を使用しました。

2016

激熱男 鷹の祭典2016

テーマカラーは「チャンピオンブルー2016」。2015年同様、南海時代から続くホークスの伝統を継承するストライプラインを採用。さらに、この年はヘルメットにも変化が。トヨタ自動車九州宮田工場の熟練スタッフにより、ひとつひとつ手作業で丁寧に塗装を施した光沢のあるヘルメットとなりました。