2021/03/15(月)プレスリリース

宮崎へ感謝の想いを伝える「HAWKS宮崎フラワーガーデン」完成

2021年3月15日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

宮崎へ感謝の想いを伝える「HAWKS宮崎フラワーガーデン」完成


福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡県福岡市 代表取締役社長CEO:後藤芳光)は、宮崎の花でPayPayドームを彩る「HAWKS宮崎フラワーガーデン」を完成したことをお知らせします。
「みやざきの花」応援のため「宮崎市園芸振興協議会花き部会」の部会員が⽣産した花を使用して制作したガーデンは、植栽を世界的庭園デザイナー「石原和幸氏」(株式会社石原和幸デザイン研究所代表)が手掛け、PayPayドームを明るく彩る色鮮やかなガーデンに仕上げました。
「HAWKS宮崎フラワーガーデン」は本日から5月9日(日)までの間、PayPayドーム外周7ゲート前でご覧いただくことができます。ファンの皆さまと南国・宮崎の魅力を一緒に楽しみながら、引き続きホークスと宮崎の更なる関係強化と発展を⽬指していきます。

宮崎県出身・武田翔太投手コメント


「宮崎の南国感のある雰囲気できれいだな、と思いました。今年の宮崎キャンプは無観客となってしまい、美味しいものを食べたり宮崎の良さをたくさんの方に感じてもらえる機会がなかったので、残念な気持ちでした。早くコロナが収まって、またそういう日が戻ることを待ちたいです。自分自身かなり良い状態で調整できているので、シーズン中も宮崎のことを想いながら開幕から頑張っていきます。そして、今年は8月に宮崎での鷹の祭典も開催を予定していますので、その時には地元で良い姿をお見せできるように状態を仕上げていきたいです。」

SNS投稿キャンペーンを実施

「HAWKS宮崎フラワーガーデン」の写真を撮ってTwitterやInstagramに投稿すると総額100万円相当の宮崎特産品や鷹の祭典in宮崎の観戦チケットが当たるSNSキャンペーンを実施します。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる