2022/04/17(日)選手

北九州でも「ファイト!九州デー」!満員スタンドが鮮やか青一色

2022年シーズンの「ファイト!九州デー」の第2弾が4月16日(土)に、北九州市民球場で開催されました。

「ファイト!九州」は2016年4月に熊本・大分地震災害復興支援プロジェクトとして発足しました。この4月16日は2016年に熊本地震の本震が発生した日でした。ちょうど6年目を迎えたこの日に「ファイト九州デー」を行えたことで、多くのホークスファンや野球ファンの方が震災や災害から今もなお復興へ尽力していたり、まだ御苦労をされている方がいたりするということなどを、いま一度思い直す1つのキッカケになったのではないでしょうか。

北九州市民球場は来場者18,709人とほぼ満員。この日も鮮やかなスカイブルーカラーの「ファイト!2022ユニフォーム」が入場者全員(ビジター応援席を除く)に配布され、客席がまるで気持ちのいい春の青空のように美しく彩られました。

今回の「ファイト!九州2022ユニフォーム」は、九州・沖縄各県の県鳥を球団名の由来である鷹とともにグラフィカルなデザインに落とし込み、苦境に負けず上を向いて緒に飛び立っていく九州の一体感を表現しされています。

そして、球場外ではこの日も募金箱の設置と「献血推進プロジェクト いのちのリレー」と題し、日本赤十字社様とともに献血推進活動が実施されていました。

また、試合前のグラウンドに目を向けると、一般応募で選抜された方・チームが、ファイト!九州テーマソングWANIMAの「旅立ちの前に」の楽曲に合わせて、試合前にグラウンドでパフォーマンスを実施する「KYUSHUダンスリレー」でも、熱戦に花を添えていました。

「ファイト!九州デー」は残り3試合。4月17日(日)は平和リース球場(鹿児島)、5月10日(火)はひなたサンマリンスタジアム宮崎、5月22日(日)はPayPayドーム(福岡)で実施されます。

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる