HAWKS
TECH
もっと強く、
もっと楽しく、
もっとスマートに。

私たち福岡ソフトバンクホークス株式会社は、「めざせ世界一!」をスローガンに掲げ、野球とエンターテインメントを通じて人々の生活を豊かに・元気に・幸せにすることを使命としております。
2009年に映像や各種データを確認できる専用アプリ搭載のiPhoneを選手に配布するなど、プロ野球界の中でも、いち早く最新技術を取り入れて参りました。
また、2017年には会員システムを導入し、ビックデータを活用することで、お客様1人1人に合った情報を提供し続けております。
今後もグループ会社とのシナジーを生かし、最新技術を活用することでチームの強化のみならず、お客様の利便性向上および感動体験の追及を続けてまいります。

PayPayドーム

場内体験
FUKUOKA PayPay Dome

よりスムーズに、スマートに。
野球観戦の1日をストレスなく楽しんでいただくために、
数々の技術を導入しています。

  • キャッシュレス

    キャッシュレス

    現金の手間をなくし、スマートな球場での買い物をサポート。

    7月・8月に
    完全キャッシュレスデーを開催

  • モバイルオーダー

    モバイルオーダー

    注文の列に並ばずに受け取るだけ。美味しいグルメに舌鼓を打ちながらゆっくりと野球観戦を。

    more

  • スマート入場

    スマート入場

    入場列もスムーズに。手軽にセキュアな入場を実現しています。

    more

  • 非接触サイネージ

    非接触サイネージ

    タッチパネル型のサイネージを使って注文から決済まで実現。後は店舗で受け取るだけです。(GATE6 ラーメン海鳴に設置)

TICKET TICKET

チケット
Ticket

AIによる価格変動型のチケット、リセールシステムなど
お客様により最適な価格で観戦機会を提供可能なサービスを展開。

  • ダイナミックプライシング

    ダイナミックプライシング

    データ分析により需要に応じたチケット価格の変更を自動的に行うことで、ご購入いただく皆さまのニュースに応じた適正価格での販売を実現。

    more

  • 電子チケット

    電子チケット

    スマホ1台で購入から入場まで手軽に。チケット受け渡しも簡単!

    more

  • リセール

    リセール

    急に試合に行けなくなった時も公式のリセールサービスへの出品が可能に。

    more

サービス向上
Service

1人1人のお客様に寄り添った最適なサービスを。
タカポイントをキーにした多角的な顧客データ分析で、カスタマーサービス向上へ役立てています。

タカポイント CLUB HAWKS ホークス筑後ファンクラブ ためタカ! OFFICIAL ONLINE STORE TAKA TICKET
HAWKS-IT HAWKS-IT

チームでのIT活用例
HAWKS-IT

チームの勝利、選手のパフォーマンス向上に大きく寄与しています。
今後もITを活用したチーム強化に取り組んでいきます。

  • 映像閲覧システム

    映像閲覧システム

    試合映像はもちろん、練習中の自分のプレー映像も球団支給のiPhone/iPadから閲覧可能。選手が望むタイミングで自分のプレーの振り返りができる。

  • R&D

    R&D(リサーチ・アンド・ディベロップメント)

    これまでは、“感覚”に頼ってきた体の動きや使い方を様々な機器を用いて数値化し分析。科学的なアプローチで選手のパフォーマンス向上に繋げる。

  • データ管理システム

    データ管理システム

    選手の試合成績はもちろん、各種トラッキングデータ、コンディション等、あらゆるデータを一元管理。

Challenge Challenge

チャレンジ
Challenge

積極的に最新技術やサービスへチャレンジし、
お客様に新しいエンターテイメントの形を提供し続けます。

  • メタバース

    メタバース

    仮想空間上にホークスのホームスタジアムを再現し、ピッチャーが投げたボールの軌道を数秒後には仮想空間上で疑似体験できるなどホークスならではのコンテンツを今後も拡充していきます。

    more

  • NFT

    NFT

    公式NFTコンテンツ「タカコレNEXT」。公式サービスならではの貴重なショットを使ったNFTカードを展開しカードコレクションアプリとの連携も予定しています。

    more

  • eスポーツ

    eスポーツ

    eスポーツプロリーグへ参戦、各タイトルでの世界一を目指しています

    more

  • バーチャルYouTuber

    バーチャルYouTuber

    12球団初のバーチャルYouTuber「うみひな」。ファンと寄り添う応援配信だけでなく、歌やホークスのバーチャルサービスプロモーションへ挑戦。

    more

デジタル化の歴史

  • 2005
    • ソフトバンクホークス誕生
    • 30台のマルチアングルで試合を観戦できる、「Baseball Broadband TV」提供開始。
    • 試合中継映像を画像配信する「ケーチャン!ホークス」開始 
    • FeliCa(おサイフケータイ)を利用した発券サービス「ホークスICチケット」開始
  • 2006
    • チケットレスサービス、スタート
    • 国内球場最大「ホークスビジョンリニューアル」!
    • 球界初、複数球団横断型サイト「プロ野球24」サービス開始!ライブまたはVOD配信が可能に
  • 2007
    • 世界初、ファン向けモバイルフォン「ホークスケータイ(812SH)」発売
    • オンラインチケット購入・イベント抽選機能を備えたサブスク型 サービスホークスモバイルサービス開始
  • 2008
    • ホームラン・ファインプレーのシーンがケータイでリアルタイムに視聴できるサービス『速報!Play-Back』提供開始
  • 2009
    • 新設エリアビクトリーウイングに、マルチアングルの試合ライブ映像、選手情報データが楽しめるタッチパネル付きのシスコシート登場
    • iPhoneを使ったチーム向けアプリ開発・リリース。動画分析、各シーンのプレイバックなど。選手・スタッフ全員にiPhoneを無料支給。
    • チケットやグッズを、メールアドレスだけでプレゼントできる「ホークスギフト」登場!
    • hawks-fan.jpドメインのアドレスを使用できるホークスファンメール開始!
  • 2010
    • 試合時のビジョンと連動したTwitter連携サービス「つぶやきタカボード」スタート 
    • 3面構成で野球場として世界最大の表示面積を誇る(当時)新・ホークスビジョン登場
    • 経済産業省2010年度「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業 たまチケ、福岡eタウンプロジェクト参画
    • 王貞治ベースボールミュージアム設立&ディスプレイ連動メッセージコンテンツなどを搭載した館内アプリリリース
    • リーグ優勝ビールかけのネット生配信をはじめて実現(Ustream)
    • ヤフードームにてソフトバンク フリーWi-Fiスポットサービス開始
  • 2011
    • アプリ「ホークス美人ニュース」 リリース
    • Ustreamで2軍戦の試合配信や、練習風景の配信を開始
    • 来場ポイントサービス「タカマル」スタート。たまったポイントでチケットやイベント抽選
    • 「速報!Play-Back」が「ホークス速報チャンネル」としてリニューアル
    • 選手名鑑と同じデザインであなたの名鑑を作れる業界初の「ファン名鑑」登場
    • 福岡ソフトバンクホークス公式スマートフォン向けアプリ 『ホークス速報チャンネル』サービス開始
  • 2012
    • 試合と連動したリアルタイム観戦型ゲームアプリ「スタジアムナイン ホークス」 サービス開始
    • スマートフォン公式サイトサービス スタート
    • ヤフードームに「iPad POSソリューション」導入、SUPER BOXではiPadで部屋からオーダー可能に
    • フリック練習できる『V打!ホークスフリック打線!』配信開始
  • 2013
    • 試合日程・結果、チケット・グッズ情報を確認出来るアプリ「ホークス試合日程表」サービス開始
    • 音声認識技術を使用、応援歌でスタンプが貯まる来場キャンペーン実施
    • 5面構成のホークスビジョン誕生、世界最大の合計表示面積を誇る映像表示装置に
    • テキストだけでなく打球方向やビジュアルを駆使した一球速報サービス開始(PC)
    • 試合の進行や演出と連動する新しい応援アイテム「ホークススターフラッシュ」を配布
  • 2014
    • Beaconを使ったサービスを展開、鷹の祭典アプリリリース
    • 試合日程によりチケット料金を3段階に変動させる「フレックスプライス制度」を導入
    • 12球団初、春季キャンプ専用の公式アプリをリリース、App Storeスポーツカテゴリ無料ランキング1位に
    • SUPER BOXでwebでの事前料理予約可能なシステムのリリース
  • 2015
    • 春季キャンプでBeaconを使ったクーポン配信サービスを実施
    • 春季キャンプアプリで各選手の練習場所や状況をリアルタイムに伝える「タカノメ」サービス開始
    • IPカメラシステムのドームへの導入、プレイシーンを選手の手元のiphoneで即時確認可能に
    • iOSのPOSアプリ開発、コンコースワゴン店舗のスムーズ決済と売上集計の自動化を実現
  • 2016
    • アプリで購入&電子スタンプでスマホだけで入場可能なチケットアプリサービス開始
    • Yahoo! JAPAN、ホークス主催試合の観戦チケットをオークション形式・価格変動形式で販売する実証実験を開始
    • 野球場として国内初、 バックネット上部吊り下げ型ビジョン「スカイスクリーン」を5月に導入
    • 360度動画をトークショーで配信
    • IPカメラシステムのタマスタ筑後にも導入、2・3軍試合もプレイシーンを選手の手元のiphoneで即時確認可能に
  • 2017
    • ビッグデータを活用した個々のユーザーのLTV向上を目的とした、会員ID統合およびポイントサービス「タカポイント」の開始
    • AIを活用した価格変動型の観戦チケットを販売開始
    • 試合との連動機能も備えたホークスカードコレクションアプリ「タカコレ」リリース
    • ポイントを使ったエンタメ&ユーティリティアプリ「ためタカ!~タカポイントためるアプリ~」登場
  • 2018
    • 選手AIトラッキングシステムをチーム戦略に活用、戦略的な守備シフトの構築や走塁技術の向上へ
    • 全ゲートでのQRコード入場サービススタート
    • VRライブ配信の実証実験を開幕3連戦でスタート
    • AI活用の価格変動チケットに『360度3Dマップビュー』を導入
    • タイムスライス映像が提供可能な「4D Replay」 をスタート
  • 2019
    • webチケットでのスマート入場・チケット分配機能をリリース
    • ドームキャッシュレス元年、場内でのあらゆる決済にPayPay決済導入
    • スマートスタジアム化、コンコースに映像モニター167台、ビジョンはシームレスにかつ世界最大の面積へ
    • eスポーツチーム「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」設立、リーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に参入
    • 投球や打球の回転数などを測定できる「トラックマン」の導入
  • 2020
    • 12球団初のバーチャルYouTuberデビュー
    • ダイナミックプライシングを全面展開
    • 福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが 『League of Legends Japan League』に新規参入
    • 5G時代の新しい野球観戦スタイル、多視点・VRの試合映像提供、ARエンタメコンテンツのマルチ提供
    • 複合型エンタメ施設「BOSS E・ZO FUKUOKA」開業
    • ダンスで無観客試合を盛り上げる 「Pepper応援団登場」、「Spot」とのコラボも
    • プロスポーツ界初! 観戦写真自動撮影サービス「タカフォト」提供開始
  • 2021
    • モバイルオーダーサービス開始
    • 球団公式動画チャンネル「ホークスTV」サービススタート
    • 日本初、プロ野球中継でバーチャル広告を提供開始
    • 世界初のリアルの座席とバーチャルの世界をつなぐ新感覚コンテンツ「座席コレクション」リリース
    • AI画像認識技術を使ったマスク着用検知ソリューション導入
    • 100体のPepperによるロボット応援団ギネス世界記録認定
    • KIOSK端末導入、タッチパネルで非接触での注文を実現
  • 2022
    • オリジナルNFTサービス「タカコレNEXT」開始
    • メタバース事業「バーチャルPayPayドーム」OPEN、準リアルタイム投球体験などを初搭載

Applicationホークスをもっと楽しめる、便利アプリ!

ためタカ!

ためタカ!

タカポイント会員に便利なアプリ。
球界初!座席を集めて遊ぶ「座席コレクション」も搭載!