2017/02/05 選手

野球教室で長谷川選手、今宮選手らが先生に!

選手画像

選手画像

選手画像

2月5日、春季キャンプ最初の日曜日に、生目の杜運動公園でホークス選手会主催の野球教室が行われました。

当初はアイビースタジアムで開催予定でしたが、朝からの雨で敷地内の体育館に場所を変更。宮崎県内の13チーム、約100名の小学生が参加し、長谷川勇也選手、今宮健太選手、牧原大成選手、釜元豪選手、真砂勇介選手、上林誠知選手の6名が指導にあたりました。

長谷川選手はMC役も務めました。今宮選手にキャッチボールのコツなどを振ると、「相手の胸の部分に向かって投げるのがベスト。しっかり目標を持ってやってほしい」とアドバイス。長谷川選手も「そうだね。肩慣らしにしてしまいがちだけど、一球一球意識をもってやることが大事。それを続ければ、コントロールも正確性も身に着けることができるよ」と同調していました。

打撃指導では上林選手が「バットを構えるのは、僕は一番力が抜けるところが良いと思う。それはどこか。僕は傘を持つようなイメージで、バットを構える」とアドバイス。これは自主トレで師事している内川聖一選手とまったく同じ考え。やはり内川イズムが浸透しているようです。

2017年2月5日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる