2017/03/16 プレスリリース

D.サファテ投手による寄付について

2017年3月16日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

D.サファテ投手による寄付について

福岡ソフトバンクホークスD.サファテ投手が、今シーズンの自身の成績に連動して、東日本大震災復興支援財団(東京都 代表理事:立石勝義)へ寄付を行うこととなりましたのでお知らせいたします。
なお、同投手による成績連動の寄付は、2015年から開始されており、今年で3年目となります。

寄付内容 ※シーズン終了後、まとめて贈呈いたします。

D.サファテ投手 1セーブにつき、100,000円

寄付先

公益財団法人 東日本大震災復興支援財団

D.サファテ投手 コメント

東日本大震災から6年が経過し、私の成績に連動した寄付活動も3年目を迎えましたが、 復興にはまだまだ時間も資金も必要であると聞いております。
この取り組みでは、自分の成績が寄付につながることで、私自身のプレーの励みにもなりますし、
我々の支援を必要としている人の存在について、みんなで思いを寄せるきっかけになればと願っています。

ご参考:過去実績

  • 2015年 41セーブ ※リーグ最多  寄付金額 4,100,000円(1セーブにつき、100,000円 )
  • 2016年 43セーブ ※リーグ最多  寄付金額 4,300,000円(1セーブにつき、100,000円 )

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる