2017/08/31(木)選手

サファテ投手がパ・リーグ新の44セーブ目をマーク

デニス・サファテ投手が8月31日(木)のファイターズ23回戦(札幌ドーム)でセーブを記録して、今季44セーブ目をマーク。これで自身が昨季記録したパ・リーグのシーズン記録を新たに更新しました。

サファテ投手はアメリカ・ニューヨーク州出身。2002年からプロでのキャリアをスタートさせ、2006年にはフロリダ・マーリンズでメジャーデビューを果たしました。そして2011年に広島カープへの入団で来日を果たし、「アメリカに比べて練習量が多いので、日本でプレーするようになってから自己管理を厳しくするようになりました」と、年々成績も向上。西武ライオンズを経て、2014年から福岡ソフトバンクホークスでプレーし、守護神としての地位をずっと確立しています。

今季は開幕してすぐに外国人投手歴代1位に立つ通算177セーブを樹立し、7月5日には通算200セーブの大台も達成しました。

次に見据えるは、プロ野球記録の46セーブ。「自分のセーブ記録よりもチームの勝利が大事。大差で勝っていくのもいいよね」と常々話すサファテ投手ですが、新記録樹立に期待がかかります。

2017年8月31日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

デニス・サファテ

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる