2017/09/05(火)選手

金字塔だ!サファテ投手がプロ野球新47セーブ

デニス・サファテ投手が9月5日(火)のバファローズ19回戦(京セラドーム)でセーブを記録して、今季47セーブ目をマーク。プロ野球のシーズン新記録を樹立しました。

従来の記録(46)は2005年に岩瀬投手(ドラゴンズ)、2007年に藤川投手(タイガース)が保持していました。

サファテ投手は2日(土)のイーグルス戦(ヤフオクドーム)でタイ記録を達成した際に「とても光栄です。日本に来た1年目から凄い投球をしていた2人に並べてよかった。また、本拠地のヤフオクドームで達成できて嬉しいです」と話していました。

サファテ投手の記録が積み重ねっていくことが、チームが一歩ずつ優勝に近づくことにもなります。「とにかくチームが勝つことが一番。自分の記録よりも大事」と常日頃から話すサファテ投手ですが、前人未到のこのセーブ数がどこまで伸びていくのか。50セーブの大台到達もあるか。レギュラーシーズンの最後まで、目が離せません。

2017年9月5日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる