2017/10/26(木)球団

【ドラフト】1位は吉住投手!計11人を指名

10月26日(木)、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が東京都内で行われ、ホークスはまず清宮幸太郎選手(早稲田実業高校)を1位で指名しましたが計7球団での競合となり抽選に外れ、その後安田尚憲選手(履正社高校)、馬場皐輔投手(仙台大学)を指名しましたが交渉権獲得ならず、改めて吉住晴斗投手(鶴岡東高校)を1位で指名して交渉権を獲得しました。
今ドラフトで、吉住投手を含め計11名の選手(育成選手を6名を含む)の交渉権を獲得しました。

1巡目

吉住晴斗(よしずみ・はると)。投手。鶴岡東高校(山形)。右投右打。MAX151キロ 投げっぷりが良く打者を圧倒する投球が持ち味の超素材型の右腕。185センチの長身ながら優れた身体能力を持ち高いポテンシャルが魅力。スピンが利いたストレートは角度があり、投手としての資質が非常に高い選手。2年夏に甲子園に出場した経験がある。2000年生まれ右腕。

2巡目

高橋礼(たかはし・れい)。投手。専修大学。右投右打。最速141㎞のストレートが魅力の大型サブマリン。まだ伸びしろも大きく将来性豊かな投手。今春まで東都大学リーグで通算8勝。ユニバーシアード大会に代表として出場。

3巡目

増田珠(ますだ・しゅう)。外野手。横浜高校。右投右打。 広角に打ち分けるシュアな打撃が特徴の選手。タフな精神力も持ち合わせており、リーダーシップも取れるタイプ。今夏の神奈川県大会で大会新の4戦連発。最多タイの5本塁打を放った。長崎県出身。

4巡目

椎野新(しいの・あらた)。投手。国士舘大学。右投右打。195㎝の長身から投げ下ろすMAX147㎞のストレートが魅力の右腕。将来の先発候補として期待。東都二部リーグでは通算11勝をマーク。

5巡目

田浦文丸(たうら・ふみまる)。投手。左投左打。秀岳館高校(熊本)。MAX148㎞の本格派左腕。U-18世界選手権ベストナインを獲得し、全日本のエースとして活躍。ホークスの将来の先発候補として期待。今夏にカナダで行われたU18ワールドカップでは13.2回に投げて29三振を奪う快投で話題を呼んだ。

育成1巡目

尾形崇斗(おがた・しゅうと)。投手。学法石川高校(福島)。右投左打。MAX150キロ 闘争心に溢れたマウンド捌きで強気な投球が魅力の素材型右腕。しっかりと鍛え上げられた下半身を使って投げるストレートには球威があり、打者のインコースを付き力勝負出来る投手。

育成2巡目

周東佑京(しゅうとう・うきょう)。内野手。右投左打。東京農業大学北海道オホーツクキャンパス 50m5.7秒の俊足を活かし走攻守にスピード感溢れるプレーが魅力の内野手。広角に安打を放ち積極的に次塁を狙う姿勢は将来的にリードオフマンとして期待する選手。

育成3巡目

砂川リチャード(すなかわ・りちゃーど)。内野手。右投右打。沖縄尚学高校(青森)。右投右打。期待の大型内野手。強肩強打の選手でホームラン量産。ポスト松田として活躍の選手。

育成4巡目

大竹耕太郎(おおたけ・こうたろう)。投手。左投左打。早稲田大学。2015年に早大を大学日本一に導いた立役者。スローカーブを混じえた大胆な緩急と繊細なコーナーワークが光る技巧派左腕。高校時代から場数を踏んできており経験豊富。テクニックでホークス投手陣に割り込む。

育成5巡目

日暮矢麻人(ひぐらし・やまと)。外野手。左投左打。立花学園高校(神奈川)。打球の速さと飛距離は高校トップレベル。身長180cm、体重85kgのスラッガー然とした体躯。鍛えていけば非常に楽しみな素材。

育成6巡目

渡邉雄大(わたなべ・ゆうた)。投手。左投左打。新潟アルビレックスBC。 186㎝の長身サイドハンド左腕。BCリーグ4年間で着実に実力と結果を積み上げ、26歳と遅咲きながら今が旬。左キラーとしての期待はもちろん、右も苦にしない安定感あり。ブルペンの貴重な一枚になりうる左腕。今季BCリーグでは46試合に登板して1勝2敗16セーブ、防御率1.29だった。

2017年10月26日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる