2017/11/12(日)選手

田中投手、高橋投手が「工藤塾」を語る

選手画像

選手画像

選手画像

11月12日(日)、宮崎秋季キャンプは第3クール2日目。この日も午前中はウォーミングアップとランニングメニューが組まれ、やはりボールを使わずに基礎体力向上に時間が費やされていました。

そして今日の「工藤塾」で直接指導を受けていたのが、田中正義投手、高橋純平投手、小澤怜史投手、長谷川宙輝投手の若手ホープ勢でした。しっかり考えられたメニューの意味を一つ一つ理解しながら、丹念にかつ力の限り取り組みました。苦悶の表情を浮かべつつもみんな負けん気を見せて練習についていきました。

田中投手は「ハードなのは当たり前。工藤監督のメニューは筑後でもやっていたけど、ここまでみっちりと下半身を鍛えるメニューはこのキャンプで初めてやりました。どうしても自分ひとりでやっていると、意識している“つもり”になりがち。このトレーニングをマウンドで生かすんだという強い気持ちを持って取り組みたい」と話していました。今季はドラフト1位で入団するも、一軍登板なしと悔しいルーキーイヤーになりました。来季の巻き返しへ、勝負の秋を過ごしています。

また、高橋投手も「工藤監督が宮崎に来る前からこのトレーニングはやっていましたけど、監督と一緒にやるとまた気持ちが違ってきます。一軍で活躍している岩嵜さんや東浜さんもこれを乗り越えてきた。僕もしごいてもらって、活躍したい」と闘志を燃やしていました。

2017年11月12日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる