2017/11/15(水)選手

西田選手が入団会見「這い上がるという気持ちで」

選手画像

選手画像

選手画像

11月15日(水)、トレードで楽天から移籍してきた西田哲朗選手(背番号22)の入団会見が、秋季キャンプ中の宮崎・アイビースタジアムにて行われました。

西田選手は大阪府出身の26歳内野手。関大一高から2009年ドラフト2位指名でイーグルスに入団しました。右打ちの強打の遊撃手として、2014年には131試合に出場。打率.250、7本塁打、41打点、8盗塁を記録しました。また、遊撃手のほかに二塁手や三塁手も守れるユーティリティ性も兼ね備えています。

ホークス球団統括本部の三笠杉彦統括本部長は「来年の連覇ならびに常勝軍団構築のため、右打ちの内野手の層を厚くしたかった。重要な選手」とトレードの経緯について説明しました。

西田選手は「ルーキーのように一からのスタート。這い上がるという気持ちで、精一杯やっていきたいです。新天地で早く活躍したい気持ちが強いです」と意気込みを話しました。

セールスポイントは「走攻守すべて」と言いますが、本塁打を打てる長打力も魅力で「チャンスに強いところもアピールしていきたい」と話しました。ホークスでは同じ内野手の今宮健太選手と同級生になります。「もともと西の人間だし、福岡は遠征出来ていても好きな街でした。早くヤフオクドームで活躍できるように一日一日を精進していきたい」と真新しいユニフォーム姿で気を引き締め直していました。

2017年11月15日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

今宮 健太

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる