2017/12/03(日)選手

天神で「熱男!」を叫ぶ!「さとふる」イベントで

日曜日の昼下がり。天神のど真ん中で「熱男ー!」の雄叫びが福岡の街に響き渡りました。

12月3日(日)、松田宣浩選手が岩田屋きらめき広場で行われたふるさと納税サイト「さとふる」ホークス応援フェスタにゲスト出演してトークショーを行いました。同イベントには福岡県春日市やホークスキャンプ地の宮崎市など九州の8自治体が参加し、ふるさと納税や地域の魅力について紹介。松田選手も「妻がふるさと納税を活用したことがあって、自宅で美味しいお肉を食べたことがあります。これを機に自分でやってみたい」と意欲満々でした。

トークショーでは「日本一になれたから、こんな天神のど真ん中でトークショーも出来ますからね」と最初から最後までマッチ節全開。ベテランと言われる域となりましたが「もう34歳です。自分が22歳で入った時は34歳はオッサンだなと思っていましたけど、実際まだまだ若いですよ!」とニカっと笑い、「どんどん若くなっている。今年24本塁打はちょっと少なかったね。自己最多が35発。来年はそれを超えられれば、他の数字もキャリアハイになると思うし、それが達成できればホークスもまた優勝できる」と早くも目標を掲げていました。ただ、「じつは今年から試合前に1時間寝るようにしていたんですよ。ホークスのロッカールームはすごく立派で、ソファで1時間寝てから試合に臨んでいました。アラームが鳴って、その瞬間にスイッチを入れる。すごくメリハリがついてよかった」と意外なエピソードを披露し、たくさんの来場者やちょうど通りがかったファンを驚かせていました。

また、たまたまプライベートで天神を訪れていた川島慶三選手が舞台に上がる嬉しいハプニングもあり、ファンからは大きな歓声も上がってました。

そして締めくくりはやはり「熱男!」のコール。「まさか天神のど真ん中で『熱男』が出来るなんてね! 嬉しかったです」とハイテンションで話していました。

2017年12月3日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる