2017/12/24(日)球団

新垣監督「どんと構えて」 筥崎宮で必勝祈願!

8年ぶりの日本一をめざし、「NPB12球団ジュニアトーナメントsupported by 日能研」の行われる札幌へとまもなく乗り込むホークスジュニア。

12月24日(日)には大会前最後の練習が西戸崎室内練習場にて行われました。約2時間の練習では投内連係や牽制などのサインプレーを確認。シート打撃などでも、本番さながらの集中力を大事にしたメニューが組まれていました。

そして練習後には筥崎宮に移動して必勝祈願に臨みました。この場所は“本家”ホークスが春季キャンプ前に訪れるのと同じ場所。小学校6年生の選手たちも気持ちがグッと引き締まったようで、大人びた表情を見せていました。

中尾湊キャプテンからは「大会ではひとつひとつのプレーを大切にして、みんなの力を合わせて優勝を目指します」と力強い必勝宣言が飛び出しました。

新垣渚監督は「このチームで活動して3か月。まずは人間として当たり前の挨拶であったり、率先して動いたりという姿勢が目に見えて変わりました。プレーももちろん伸び盛りなので、毎週末会うたびに成長を感じました。ここまで来たらもうやるしかない。いい結果が出るように上手く采配したい。僕自身も初めての監督なので緊張すると思うけど、子どもたちがのびのびプレーできるようにどんと構えたいですね」と意気込みを語りました。

大会は27日(水)に開幕。まずグループリーグではバファローズジュニア、ベイスターズジュニアと対戦し、決勝トーナメント進出を目指します。

2017年12月24日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる