2018/02/18(日)選手

グラシアル選手が入団会見「チームの為に」

2月18日(日)、ジュリスベル・グラシアルの入団会見が、宮崎市のアイビースタジアム内にて行われました。

グラシアル選手はキューバ出身の32歳。主に三塁を守る右打ちの強打者です。

キューバ国内リーグの成績は、通算587試合出場、628安打、打率.307、74本塁打、367打点、98盗塁。2015-2016シーズンには15本塁打、64打点、25盗塁を記録ました。また、北米独立リーグのケベック・キャピタルズでもプレーし、17年シーズンは打率.333、13本塁打、65打点の成績を残しています。

そして、昨年は第4回ワールドベースボールクラシックでもキューバ代表の一員として存在感を発揮。2次リーグの日本戦では巨人の菅野智之から一時逆転となる2ラン本塁打を放ちました。

直近では、今月にメキシコで行われた中南米王者を決めるカリビアンシリーズにもデスパイネ選手と共にキューバチームの一員として出場。2月2日のベネズエラとの開幕戦では二塁打1本を含む3打数2安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献。同シリーズでは全5試合に3番打者として出場。打率.353、0本塁打、4打点の成績をマークしました。

会見に臨んだグラシアル選手は「オハヨウゴザイマス」と覚えたての日本語であいさつ。「ホークスが強いチームだということは知っています。デスパイネやモイネロからアドバイスも貰っています。すごく雰囲気のいいチームと聞いています。また、日本ではチームのためにプレーすることが大事だと教えてもらいました」。モットーは全力プレー。「具体的な目標の数字はココでは言えないけど、自分の中では持っている。優勝に貢献できるようないい準備をしていきたい」。

背番号は27。会見に同席した三笠杉彦・球団統括本部統括本部長は「WBCにも出場しているし、内野を中心にサードだけではなくセカンド、外野も守れる選手」と期待のコメントを寄せました。

同日からA組で春季キャンプに合流しています。

2018年2月18日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる