2018/02/18(日)選手

【戦評】上林選手、2年連続「紅白戦1号」

2月18日(土)紅白戦第2戦 宮崎アイビー

紅組
白組

※特別ルール

バッテリー

(紅)石川、笠谷、笠原、高橋礼――甲斐、九鬼
(白)千賀、中田、飯田、渡邉雄――栗原、張本

本塁打

(紅)なし
(白)上林

スタメン

(紅)3西田 4明石 7中村晃 8柳田 D吉村 5塚田 6高田 2甲斐 9城所 D九鬼
(白)6今宮 8福田 5松田 3内川 9上林 D本多 4川島 7江川 2栗原 D張本

戦評

紅組が得点を重ねた。初回に吉村裕基選手がレフト前へタイムリーを放ち先制。4回には甲斐拓也選手の内野ゴロが失策を呼んで追加点。5回は1アウト満塁から柳田悠岐選手がライトへ痛烈な2点タイムリーを放った。

一方の白組は上林誠知選手が爽快な一発を右翼席へ運んだ。昨年に続き紅白戦1号の会心弾に「去年のことは覚えていました。今日は父親の誕生日だったので打てて良かったです」と笑顔を浮かべた。

投手陣では紅組で先発した石川柊太投手が2回無安打無失点。千賀滉大投手は2回1失点だったが、最速153キロを計測するなど安定したフォームで投げていた。B組からルーキーの高橋礼投手と渡邉雄大投手が招集されてマウンドへ。渡邉雄投手は代わってすぐに柳田選手にタイムリーを浴びたものの、制球よく1回3分の2を無失点に抑える好投でアピールした。高橋投手は四球を出したが無失点。独特のアンダースローは武器となる。

2018年2月18日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる