2018/02/25(日)選手

武田投手、地元“宮崎ユニ”を絶賛

今年も公式戦において「みやざきスペシャルDAYS」<6月29日(金)~7月1日(日)、千葉ロッテマリーンズ戦・いずれもヤフオクドーム>が開催されることが決まり、2月25日(日)にキャンプ地の宮崎市・アイビースタジアムにて会見が行われました。

このイベントでは宮崎市をはじめ協賛各社の協力により宮崎物産展、特産品のふるまいや抽選会などが実施されます。ヤフオクドームにいながら南国リゾート宮崎を体感し、満喫できる恒例イベントとなっています。

さらに、今年は、宮崎春季キャンプにて「トロピカルリーフ」柄をコンセプトにしたキャップを首脳陣や選手が着用(ビジターユニフォーム日)して、「みやざきスペシャルDAYS」の盛り上げに一役買っています。

また、開催を記念したトロピカルリーフ柄のユニフォームも新たに登場。この日、アイビースタジアムでのお披露目会見には、宮崎出身の武田翔太投手が登場しました。

「マンゴーだったり日向夏だったりフェニックスの木だったり、宮崎らしい特徴のある良いデザインだと思います。僕は先発投手なので、投げる順番がちょうど回ってくればいいけど、宮崎とホークスファンをつなぐイベントなので楽しんで頂きたいし、宮崎の良さを知ってもらいたいです」

なお、「みやざきスペシャルDAYS」では同ユニフォームがセットになった企画チケットが、一般発売に先駆けて数量限定で先行発売予定です。詳細はホークス公式サイトにて改めてお知らせします。

2018年2月25日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる