2018/02/27(火)選手

「球春みやざき」が開幕。東浜投手が快投!

2月27日(火)、宮崎春季キャンプはこの日から「球春みやざきベースボールゲームズ」がスタートしました。初戦はマリーンズ、28日(水)はイーグルス、最終日の3月1日(木)は韓国・斗山ベアーズと対戦します。球場はいずれもアイビースタジアムです。

この日は今シーズンの対外試合の初戦。マリーンズには鳥越コーチや清水コーチがいて、大隣投手も試合で登板するなど、ホークスと縁の深い首脳陣や選手が多く、挨拶を交わすシーンがあちこちで見られました。

とはいえ、試合になれば真剣勝負。この日光ったのは投手陣。特に先発した東浜巨投手は力溢れるストレートをどんどん投げ込み、2回1安打無失点と好投しました。「まだ実戦感覚はこれからですが、内容は良かったと思います。ストレートでしっかりコースを狙って、押し切ることをテーマにしていました」と納得の表情。球速は140キロ台後半をマークし、2つの三振を奪いました。「あとは変化球の精度を上げていきたい」と今後の調整を見据えました。

そしてリリーフ陣も好投。岩嵜翔投手は1安打こそ許しましたが、150キロ台を連発するなどこちらも力勝負で勝ちきって1回無失点。森唯斗投手と嘉弥真新也投手は1回を打者3人で抑える危なげない投球を見せました。

試合は1対2で敗戦して2018年は黒星スタートになってしまいましたが、たしかな収穫のある試合となりました。

2018年2月27日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる