2018/02/28(水)選手

先発枠へアピールした中田投手「突き詰めて」

2月28日(水)、宮崎春季キャンプはこの日も「球春みやざきベースボールゲームズ」が行われ、アイビースタジアムでイーグルスと対戦しました。

昨シーズンは激しく優勝を争った好敵手。「もう1頂!」を目指す今シーズンの戦いの前に、優位に立っておきたいこの大事な試合で、投手陣が好投を見せました。

先発の中田賢一投手は予定の3回を投げて見事パーフェクト投球。相手もほぼベストに近いメンバーを揃えていただけに、好投の価値はさらに上がります。それでも中田投手は「まだ甘い球もあった。突き詰めてやらないといけない。先発の枠に入っていきたいです」と目標の開幕ローテ入りへ気を引き締め直していました。

2番手の笠谷俊介投手は先頭打者に安打を許すも、その後は走者を許すことなく2回無失点。唯一の走者は捕手の谷川原健太選手が強肩で盗塁を阻止するなど、若手のアピールも光りました。3番手の野澤佑斗投手は制球に苦しみましたが2回無安打無失点、4番手の田中正義投手も1回無安打無失点と好アピール。最後は飯田優也投手もゼロでつないで、見事な完封リレーを達成しました。

打線は7回まで決定打が出ませんでしたが、8回に釜元豪選手と吉村裕基選手の連続タイムリーなどで3点を奪って均衡を破り、今季対外試合の初勝利をいい形で飾りました。

また、若手では他にも3年目の黒瀬健太選手が途中出場ながら4番で出場したり、堀内汰門選手もマスクを被ったり、1軍クラスの試合で貴重な経験も積むことが出来ました。

2018年2月28日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる