2018/05/29(火)選手

【今週の見所】得意の交流戦で“4連覇”へ!

29日(火)からは「日本生命セ・パ交流戦2018」が3週間にわたって開催されます。
交流戦に強いホークスは、昨年まで3年連続で勝率1位に輝いており、過去13年で7度も交流戦で頂点に立っています。
通算成績は192勝114敗12分。もちろん勝利数も勝率.628も12球団トップです。

松田宣浩選手は「交流戦に強いのは誰もが知るところ。リセットできる。僕自身も交流戦までにホームラン2桁をクリアできたし打点(28)もソコソコだけど、打率(.213)をもっと上げていかないといけない。必死こいてやらないと。そうじゃないとファンの人たちも僕らについてきてくれない。必死に、ホークスらしい野球をしないとね」と力強く前を向きました。

29日(火)からは甲子園球場でタイガースと3連戦です。昨年は2勝1敗で勝ち越しに成功しました。投手事情があり初戦はこれまで中継ぎだった岡本健投手がプロ初先発でマウンドに上がります。今季の成績は8試合登板で勝ち負けなしで防御率2.61ですが、5月に限れば防御率1.04と急上昇。直近登板だった25日のイーグルス戦でも2回を打者6人できっちり抑えています。倉野信次投手統括コーチも「安定感がある」と抜てきの理由を説明しました。

岡本投手は兵庫県の出身。「家族や友人も見に来ると思う」と笑顔。「先発は嬉しいけど、中継ぎと違う責任がある。緊張すると思う」としながらも、「自主トレでお世話になっている攝津さんのお立ち台の涙を見て、僕も感動して泣きそうになりました。攝津さんは絶対に打たれるものかという気持ちを押し出して投げていた。僕も真似をして、その気持ちを持って投げたい」と意気込みを語りました。

また、打線では5月の月間MVPの有力候補である柳田悠岐選手の、さらに栄誉を引き寄せる活躍に期待。月間成績は23試合出場、打率.394、7本塁打、22打点をマークしています。そして2年前の甲子園で満塁ホームランを打った城所龍磨選手。その活躍を覚えているファンは多く、再現に期待大です。

週末はヤフオクドームでベイスターズと3連戦でし。昨年の日本シリーズであいまみえた両チーム。川島慶三選手の劇的サヨナラ安打で日本一を掴んだあの感動の瞬間、あの激闘がまたここによみがえります。昨季交流戦の対戦では2勝1敗でした。

そして6月2日(土)は今季3度目の球団創設80周年イベント「レジェンドデー」です。現役時代はキャプテンとしてホークス常勝の礎を築き、監督としても2度の日本一にチームを率いた秋山幸二氏がゲストで登場します。今回も選手たちは「80周年記念特別ユニフォーム」を着用して試合に臨みます。

また、当日は入場者全員へ「ホークス歴代ユニフォームメモ帳」を配布。1938年の南海軍から現在の福岡ソフトバンクホークスまで65種類(一部除く)のユニフォームイラストがデザインされた、ホークス歴代ユニフォームメモ帳となっており、ファン必見の逸品です。

今週の試合予定

試合予定日 対戦カード 開始時間 先発予想
5月29日(火) タイガース(甲子園) 18:00 岡本投手
5月30日(水) タイガース(甲子園) 18:00 石川投手
5月31日(木) タイガース(甲子園) 18:00 中田投手
6月1日(金) ベイスターズ(ヤフオクドーム) 18:00 高橋礼投手
6月2日(土) ベイスターズ(ヤフオクドーム) 14:00 バンデンハーク投手
6月3日(日) ベイスターズ(ヤフオクドーム) 13:00 武田投手

2018年5月29日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる