2018/07/11(水)選手

中村晃選手がプロ11年目で球宴初出場!

7月11日(木)、「マイナビオールスターゲーム2018」に中村晃選手が代替選手として出場することが発表されました。中村晃選手はプロ11年目で初出場となります。

今季はここまで69試合に出場して打率.281、7本塁打、25打点をマーク。バットコントロールの巧さは球界随一と評価されています。
出場を聞いて中村晃選手は「びっくりしています。でも、選ばれたので楽しみたい。初めてなのでどんな雰囲気か分からないけど、色々な選手も出る。なかなかシーズン中の公式戦は楽しめない。純粋に対戦を楽しみたいです」と意気込みを語りました。また、第2戦は九州の熊本での開催ということもあり、「ホークスのファンの人もたくさんいると思うので、ファンサービスもしっかりやりたい」と話しました。

パ・リーグの監督も務める工藤公康監督は「ある時は1球に懸けるスナイパーの様、ある時はしつこく粘って塁に出る。ハッスルしてスナイパーアキラを見せてほしいね」と打撃に期待を寄せつつ、「守りの面でも彼は素晴らしい。自分で守備位置を動いて、ファインプレーをファインプレーに見せない守備をする。それは守備の上手さです。出来ればそういうトコロもファンの人たちには見てほしいですね」と笑顔を浮かべながら話しました。

今年のオールスターゲームの第1戦が7月13日(金)に京セラドーム(19:00開始)、第2戦が同14日(土)に史上初めて熊本のリブワーク藤崎台県営野球場(18:30開始)で行われます。

2018年7月11日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

中村 晃

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる