2018/07/11(水)選手

大竹投手が6月度「ファーム月間MVP」に輝く!

7月11日(水)、6月度「スカパー!ファーム月間MVP賞」が発表され、大竹耕太郎投手が受賞しました。

大竹投手は6月、5試合(中継ぎ3、先発2)に登板。リーグトップタイの3勝を挙げ、月間12勝7敗1分と好調だったチームの大きな原動力となりました。特に6月24日のドラゴンズ戦(タマスタ筑後)では6回まで無安打投球を続け、8回1失点で白星を手にする快投を見せました。

大竹投手は熊本県出身。済々黌高校から早稲田大学を経て、昨年ドラフト会議の育成4位で入団したルーキー左腕投手です。ウエスタン・リーグでは19試合7勝0敗1セーブ、防御率1.90と好成績を残しており、支配下登録に向けて猛アピールを続けています。
47.1回を投げて8四死球のコントロールの良さは魅力。大学の先輩でもある同じ左腕の和田毅投手のような、大投手を目指して日々汗を流しています。

表彰式は7月18日(水)のホークス対タイガース(タマスタ筑後・18:00開始)の試合前に行います。

2018年7月11日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる