2018/07/25(水)選手

美間選手が入団会見「持ち味は長打力」

7月25日(火)、交換トレードで広島カープから移籍してきた美間優槻選手(背番号69)の入団会見がヤフオクドーム内のプレスカンファレンスルームで行われました。

美間選手は徳島県出身の24歳内野手。鳴門渦潮高校から2012年ドラフト5位でカープに入団しました。長打力に定評があり、昨年9月にはファームながら月間打率.490、24安打、5本塁打の好成績を挙げて「スカパー!ファーム月間MVP」を受賞。今季は自身3年ぶりの開幕一軍入りを果たし、8試合にスタメン出場しました。今季1軍では30試合、打率.139、0本塁打、1打点の成績。ウエスタン・リーグでは15試合、打率.298、2本塁打、7打点。また、守備は三塁、二塁、一塁を守ります。

会見に臨んだ美間選手は「聞いた時はまさかと驚きでいっぱいでしたが、一から頑張ろうという思いです。持ち味は長打力だと思っています」と決意を口にしました。
ホークスには同じ右の好打者の内川聖一選手や松田宣浩選手がいます。これからチームメイトとなる先輩たちについて「自分にとってお手本となる選手。吸収して、追い越していきたい」と意気込みました。
「チームに勝利に貢献することが一番。優勝目指して頑張っていきたいです」と美間選手。同級生の真砂勇介選手からはさっそく「よろしく」と連絡を貰ったそうです。ヤフオクドームで豪快アーチを何発も放つ活躍に、これから期待大です。

2018年7月25日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる