2018/10/31(水)選手

【直前】先発・東浜投手「球場一丸を感じて」

10月31日(水)SMBC日本シリーズ2018 第4戦 ヤフオクドーム

前夜の打撃戦を制して1勝1敗1分のタイに持ち込みました。工藤公康監督は「選手を信じていました。ヤフオクドームに帰って来たので、本来の姿を出してくれると思っていました。その通りにやってくれました」とホッとした笑みを浮かべていました。

カープの驚異的な粘りにあいましたが、奪ったリードを懸命に保持。「最後は1点差の中で森くんがよく抑えてくれました」と今季セーブ王に輝いた森唯斗投手の日本シリーズ初セーブを称賛しました。

打線ではデスパイネ選手が豪快アーチを放てば、柳田悠岐選手にも2安打が飛び出しました。また、「いい当たりをしても不運にも正面を突いていた」と工藤監督が気にかけていたグラシアル選手も2安打をマークすれば、上林誠知選手にもシリーズ初安打が出ました。デスパイネ選手は「レギュラーシーズンと同じルーティン、集中してやっているだけ」と静かに語りました。中村晃選手や今宮健太選手もタイムリー。どの打順からでも点を取れるホークス打線の本来の威力が戻ってきました。

第4戦の先発投手は東浜巨投手です。今季レギュラーシーズン成績は17試合に登板して7勝5敗、防御率3.32。途中戦列を離れたこともあり2年連続2桁勝利はなりませんでしたが、1軍戦線に復帰した8月以降は6勝0敗という素晴らしい成績を残しました。「調整は何も変えずにいつも通り。カープファンも多いけど、ホームでやれる。球場一丸となって、それを感じながら投げたいと思います」と意気込みを口にしました。

2018年10月31日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる