2016/12/12(月)選手

長谷川選手が、今年も飯塚病院を慰問

選手画像

選手画像

12月12日(月)、長谷川勇也選手が福岡県飯塚市の飯塚病院を慰問しました。飯塚病院では2009年に「長谷川勇也選手を応援する会」を結成し、その縁で長谷川選手は同年オフから慰問を続けております(2014年オフは自身リハビリのため行われず)。

歓迎セレモニーが行われた後には各病棟を回り、たくさんの患者の皆さんとのふれあいの時間を持ちました。

「毎年ですが、皆さんに喜んでいただいて、笑顔を見ることが出来て嬉しかったです。来年は優勝してねという声をたくさんい頂いた。毎年だけど、優勝そして日本一になってここに来ることが一つの目標なので、来年はそれを果たして戻ってきたいですね」

秋季キャンプは免除だった長谷川選手ですが、すでに11月から充実のトレーニングを行っていることも明かしました。

「もうバットも振り込んでいます。例年にないくらいですね。手伝ってくれる人もいて、福岡市内の室内練習場を借りてフリー打撃も行っています。強化トレーニングと並行して技術練習も行っている感じですが、ひとりで打ち込みが出来るので自分の思うだけの練習が出来ています。1時間から1時間半ほど打ち込んでいます」

今季は2年ぶりに100試合以上に出場。「1年間やれたことで不安が少し解消できた」と言います。来季に向けては首位打者と最多安打奪取への思いも口にしていました。

2016年12月12日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク > 長谷川 勇也
関連リンク > 個人成績
関連リンク > メディア出演情報

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる