2011/02/25(金)プレスリリース

2011年鷹の祭典専用ユニフォームは「チャンピオンブルー」

2011年2月25日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

~チャンピオンブルーで、「勝利の空へ 翔ぶんダ」~

2011年鷹の祭典専用ユニフォームは「チャンピオンブルー」

福岡ソフトバンクホークスでは、2011年7月8日(金)・18日(月・祝)~20日(水)において、ホークスファンと福岡ソフトバンクホークスが一体となるイベント、「鷹の祭典2011 in ヤフードーム」 (以下、「鷹の祭典2011」)を開催します。このイベントに合わせて、新たにデザインされる「鷹の祭典2011専用ユニフォーム」および「鷹の祭典2011専用キャップ」を2011年7月1日(金)~20日(水)の間に開催される、ホークス公式戦(ビジター試合含む)全16試合限定でホークス選手が着用し、公式戦に臨みます。「鷹の祭典2011」の4日間においては、ヤフードーム全入場者に、この「鷹の祭典2011専用ユニフォーム(レプリカ)」を配布します。ご入場者全員に「鷹の祭典2011専用ユニフォーム」を配布し応援していただくことで、ご入場者をはじめとしたホークスファンの皆様全員と福岡ソフトバンクホークスを名実ともに一体化し、リーグ優勝、そして悲願の日本一への大きな原動力といたします。

鷹の祭典2011専用ユニフォーム・キャップのデザイン

鷹の祭典2011専用ユニフォーム・キャップのデザイン 鷹の祭典2011専用ユニフォーム・キャップのデザイン 鷹の祭典2011専用ユニフォーム・キャップのデザイン

今年の「鷹の祭典2011専用ユニフォーム」は、リーグ優勝チームのみに掲出が許される「パ・リーグチャンピオンフラッグ」をイメージした、「チャンピオンブルー」に決定いたしました。そして、「チャンピオンブルー」は、「勝利の空」の色でもあります。
この、「チャンピオンブルー」は、リーグチャンピオンチームである誇りを胸に、悲願の日本一を達成するために「翔ぶんダ!」という強い意思のもと、「ホークス選手」と「ホークスファン」が一丸となって戦い、頂きのその先「勝利の空」へと、空高く飛翔する様子を表しています。もちろん、帽子のツバの色も「チャンピオンブルー」に変更されます。

鷹の祭典でのテーマカラーの設定は、一昨年の「玄界灘ブルー」、昨年の「カチドキレッド」に引き続き3年目となります。
いずれも、球団公式応援歌「いざゆけ若鷹軍団」の歌詞と関連付けされており、ホークスにとって意味深い色でもあります。

2009年

玄界灘ブルー

1番「玄界灘の潮風に 鍛えし翼たくましく 疾風のごとくさっそうと 栄光目指しはばたけよ」

2010年

カチドキレッド

2番「ペナント競うグラウンドに 闘魂燃えて敵を打つ 一投一打火を吐きて 白球熱き嵐呼ぶ」

2011年

チャンピオンブルー

3番「力の限り戦わば 勝利は常に此処にあり 輝く空に感激の チャンピオンフラッグ翻れ」

<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報室
ソフトバンクモバイル株式会社 広報室
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる