ニュース
戻る
プレスリリース 2012年11月5日配信

横浜DeNAベイスターズとの複数トレードについて




2012年11月5日
福岡ソフトバンクホークス株式会社
広報室

横浜DeNAベイスターズとの複数トレードについて

福岡ソフトバンクホークスの多村仁志外野手(36)、吉川輝昭投手(30)、神内靖投手(29)と横浜DeNAベイスターズの江尻慎太郎投手(35)、山本省吾投手(34)、吉村裕基外野手(28)のトレードが成立しましたので、お知らせいたします。

江尻 慎太郎(えじり・しんたろう)

生年月日

1977年4月30日 35歳

出身地

宮城県

身長/体重

187cm78㎏

ポジション

投手

投打

右投右打

経歴

仙台二高~早稲田大~日本ハム(2002~2010.4)~横浜(2010.4~)

通算成績

251試合に登板し、27勝19敗1S、防御率 4.41

山本 省吾(やまもと・しょうご)

生年月日

1978年5月28日 34歳

出身地

石川県

身長/体重

177cm77㎏

ポジション

投手

投打

左投左打

経歴

星稜高~慶応大~近鉄(2001~04)~オリックス(2005~2010)~横浜(2011~)

通算成績

285試合に登板し40勝42敗2S、防御率4.39

吉村 裕基(よしむら・ゆうき)

生年月日

1984年6月14日 28歳

出身地

福岡県

身長/体重

183cm94㎏

ポジション

外野手

投打

右投右打

経歴

東福岡高~横浜(2003~)

通算成績

709試合に出場し625安打、111本塁打、329打点、打率.258

多村選手コメント

「今年から家族が福岡に来て、やっと生活にもなれてきたところでのトレードですので、正直驚いています。
当時の王監督の「縁」という言葉がきっかけでホークスに来て6年が経ち、福岡は第2の故郷になりました。
この間、CSには5回進出し、2010年にはリーグ優勝、2011年には日本一にもなり、選手として大変貴重な経験を積むことができました。
また、ホークスでは、若手選手からの相談に乗ったりすることで、試合以外のところでの貢献の仕方も学ぶことができました。
古巣のベイスターズに復帰することになりますが、今後は、ホークスでの経験を生かし、試合ではもちろん、それ以外の面でもベイスターズに貢献し、優勝を目指して頑張っていきたいと思います。
王会長、秋山監督をはじめとする球団スタッフの皆さん、選手の皆さんには心から感謝しています。
そして、特に、いつも温かい声援を送ってくれたホークスファンの皆さん、本当にありがとうございました。
今後は、対戦相手として、オープン戦や交流戦で福岡ドームに来ることになりますが、これまでと変わらない温かい声援をお願いします。
これからも多村仁志は頑張ります。」

吉川投手コメント

「小さい頃から憧れていたホークスのユニフォームを着てプレーできた事を誇りに思います。
元に戻る形になりますが、球団も変わっていますし古巣に戻るという感じはしません。まだ少し落ち着きませんが、これからもっと頑張ろうという気持ちにはなっています」

神内投手コメント

「11年間、いい環境で野球をやらせてもらったことに感謝しています。気の合う仲間も多かったので、寂しい気持ちが無いわけではないですが、新しいチーム、球場で精一杯頑張りたいと思います。」

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報室
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください