社会貢献活動

福岡ソフトバンクホークスでは、多くの方から愛される球団を目指し、地域への振興活動・青少年育成・チャリティ活動など様々な社会貢献活動を行っております。

熊本・大分地震災害復興支援プロジェクト
チャリティオークション

青少年育成活動

ホークスジュニアアカデミー

ホークスジュニアアカデミーの設立理念

NPO法人ホークスジュニアアカデミーは地元九州を中心に日本の野球発展・普及に対する支援活動を通じ社会貢献をするものである。 NPO法人ホークスジュニアアカデミーは運動の場の提供や親子・家族間の交流を含めた地域住民との交流事業を行うことで子供の健全育成に寄与していくものである。

野球教室

ホークスOBが野球指導を行います。野球を通じて、友達や家族と運動することの楽しさや、身体を動かすことの喜び楽しさを味わい、青少年の健全育成を目指します。

  • イエローホーク
  • ブルーホーク
  • キャッチボールキャラバン
  • レッドホーク
  • グリーンホーク

SoftBank HAWKSベースボールキッズ in九州

ベースボールキッズ

ホークス選手から楽しく野球指導を受けられるほか、記念撮影やプレゼント抽選会も予定されており、野球を通じて友達と運動することの楽しさを学ぶことが出来るイベントです。
SoftBank HAWKS ベースボールキッズ 2015 in 九州

ホークスカップ

ホークスカップ

九州、山口地区の中学硬式野球クラブがリーグの垣根を越えて交流する場として、また同地区のクラブNO.1を決める場として開催し、同地区における中学野球発展を目指し、野球を通じた青少年の健全育成に寄与します。

ECO活動

ECO活動とは

学生ボランティア団体「福岡学生ECO会」が、環境問題への様々な啓発活動を通じて、ヤフオクドームで『日本一きれいな球場づくり』を目指す活動です。

福岡学生ECO会 参加大学
福岡工業大学、西南学院大学、中村学園大学、福岡女学院大学、九州大学、福岡女子大学、筑紫女学園大学

協力
コカ・コーラウエスト株式会社 / NPO法人 GREEN'S


活動PR動画
出演:活動サポート選手・武田投手と福岡学生エコ会の皆さん

2016年活動内容


  • 球場内でペットボトルキャップを回収し、換金して植物のタネを購入します。

  • コカ・コーラシートでゴミの分別回収。ゴミ軽減とリサイクルに繋がる活動です。

  • ペットボトルキャップを使用したモザイクアートや廃棄物利用のエコ工作を展示。

  • コンコース28通路横の『エコステーション』で来場者にゴミ分別廃棄を呼びかけます。

地域振興活動

長谷川選手が飯塚病院を慰問

長谷川選手からこどもたちへ
「野球が好きな方も多い。シーズン中はなかなか球場に来ることが出来ないと思うので、皆さんが喜んでくれる顔を見ることができて本当にうれしかった」
詳しくはこちら

チャリティ活動

成績連動型チャリティ活動

和田毅投手 「ワクチン支援活動」(2016年)
投球数、チーム・自身の成績に応じたワクチンの寄付
詳細はこちら

大隣憲司投手「全国脊柱靭帯骨化症患者家族連絡協議会支援活動」(2015年から継続)
投球回1イニングにつき1万円を寄付
詳細はこちら

熊本・大分地域地震募金活動

ヤフオクドームでは主催試合開催時に募金活動を行っております。

  • 攝津投手 熊本義援金 寄付
  • 松坂投手 熊本義援金 寄付

詳細はこちら

過去の取り組み

内川選手が平尾小学校を訪問

「夢は強く思えば叶うという人もいるが、僕はただ思っているだけでは近づくことはできないと思っています。どうすれば夢に近づいていけるのか。それを皆さんには考えてほしいです。」
詳細はこちら

D.サファテ投手「東日本大震災復興支援活動」(2015年から継続)

1セーブにつき、100,000円を寄付
詳細はこちら

東日本大震災募金活動

ヤフオクドームでは、主催試合開催時に東日本大震災の募金活動を行っています。