2017/08/02(水)プレスリリース

「福岡 ヤフオク!ドーム」にタクシー乗降場を新設、8月12日(土)より供用開始

2017年8月2日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

「福岡 ヤフオク!ドーム」にタクシー乗降場を新設、
8月12日(土)より供用開始

福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:後藤 芳光)は、この度、「福岡 ヤフオク!ドーム」敷地内(大階段下)にタクシー乗降場を新設し、8月12日(土)より供用を開始いたします。

今回供用を開始するタクシー乗降場は、福岡市並びに福岡運輸支局、福岡県警察、福岡市タクシー協会他、当社を含む関係機関で構成する『ホークスタウン周辺交通対策会議』の協議を経て、「福岡 ヤフオク!ドーム」でのイベント開催時に、周辺道路にタクシーの途中乗車禁止区間が設定されることに合わせて新設したもので、野球やコンサート他のイベント開催時に来場されたタクシーご利用のお客様は、当乗降場をご利用いただくことになりました。これにより、周辺道路の混雑・渋滞緩和に期待が寄せられます。
併せて当社では、福岡県警の指導の下、ドームイベント開催時の「お迎え車両」による、周辺道路への路上駐車をしないよう、来場者や関係者に対して「路上駐車禁止」の周知を行ってゆくほか、イベント終了後の都市高速利用車両を百道ランプへ誘導するなど、よかトピア通りの交通量の削減に向けて協力してまいります。

以上

タクシー乗降場ご案内図

タクシー乗降場ご案内図

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる