2017/09/03(日)球団

工藤監督が九大小児医療センターの子どもらを招待

9月3日(日)、ヤフオクドームで行われたイーグルス戦に、九州大学病院小児医療センターで受療している子どもたちと保護者の方々が工藤公康監督による観戦招待で訪れ、試合前にはグラウンドで練習見学も行いました。

この取り組みは8月27日のマリーンズ戦に続き第2回目となります。

同センターには6月26日に工藤監督が訪問し、入院している子どもたちとのふれあいの時間を持ちました。その際に工藤監督が「ヤフオクドームへ招待します」と約束し、前回と今回の2度に分けての観戦招待が実現しました。

工藤監督はグラウンドで練習見学をしている子どもたちのもとへ近づき、「ようこそヤフオクドームへ。楽しんでいってくださいね」と笑顔。そのタイミングで柳田悠岐選手とデスパイネ選手が打撃練習を行っており、「2人ともすごいでしょ。スタンドの上の方まで飛ばすからね。今日の試合では、みんなの力で選手たちが打球を遠くに飛ばせるよう力いっぱい応援してくださいね」とも語りかけて、一緒に記念撮影を行ったり、サインをしたりしてともにふれあいの時間を楽しみました。

また、武田翔太投手、バンデンハーク投手、嘉弥真新也投手、福田秀平選手もその場に駆け付けて写真を撮るなどして交流の時間をもちました。

2017年9月3日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる