2018/06/03(日)球団CSR

福岡視覚特別支援学校の生徒さんがヤフオクドームに

6月2日(土)福岡視覚特別支援学校の生徒さんと、保護者の方々が工藤公康監督による招待でヤフオクドームを訪れ、試合前のベンチで工藤監督と触れ合いました。

この招待は、工藤監督が昨年11月に福岡視覚特別支援学校を訪問した際に「皆さんにヤフオクドームに来ていただいて、野球の雰囲気や人工芝の感触などを味わってもらいたい」と約束していたものです。

工藤監督は、ヤフオクドームグラウンド一塁側のホークスベンチに集合した生徒やその家族たちとの写真撮影に応じると、「やっと約束が果たせました。人工芝の感触やヤフオクドームの雰囲気、ボールを打つ音などを楽しんでいってください。今日は・・・勝ちます!」と笑顔で挨拶。

ベンチから出た生徒たちは、しゃがみこんだり寝転んだりして、グラウンドの人工芝の感触を思い思いに楽しんだ様子でした。工藤監督も横に膝をついて「ふかふかでしょ?こんな芝で野球をしてるんだよ?」とか「ゴムのチップという砂のようなものが入れ込んであるんだ」と手を取って説明するなど、終始笑顔で優しく声をかけ、最後は全員で記念写真に収まりました。

関連リンク

工藤 公康

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる