2018/10/11(木)プレスリリース

福岡ソフトバンクホークスとファナティクス・ジャパン アジア初の包括的パートナーシップ契約締結

2018年10月11日
福岡ソフトバンクホークス株式会社
ファナティクス・ジャパン合同会社

福岡ソフトバンクホークスとファナティクス・ジャパン
アジア初の包括的パートナーシップ契約締結

福岡ソフトバンクホークス株式会社(福岡市 代表取締役社長兼オーナー代行:後藤芳光 以下「ソフトバンクホークス」)と、世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるFanatics Inc.(ファナティクス 米国 CEO:Doug Mack 以下「ファナティクス」)の日本法人ファナティクス・ジャパン合同会社(東京都港区 マネジング・ディレクター:川名正憲 以下「ファナティクス・ジャパン」)は、双方の経営資源を活用し、スポーツマーチャンダイジングビジネスの革新と飛躍的な発展を目的として、以下の通りパートナーシップ契約を締結したことをお知らせいたします。

1.パートナーシップ契約の内容と意義

ファナティクスは、MLB, NFL, NBA, NCAAをはじめとする米国スポーツ、並びにマンチェスターユナイテッド、レアル・マドリードをはじめとする欧州サッカー大手クラブのグッズの企画製造、小売機能等を担う世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であり、ファナティクス・ジャパンは、スポーツアパレルブランド「マジェスティック」の日本法人マジェスティックジャパンを母体として、ファナティクスのアジア全体での事業展開を進める拠点として設立されました。ファナティクスとしては、本契約が、アジア初の包括的なパートナーシップ契約となります。
本契約の契約期間は2019年3月から10年間となっており、その内容は主に以下のとおりです。

  • ホークスブランド商品(一部を除く)についての独占的販売権の付与
  • ホークスが保有する店舗、ワゴン、ECサイトにおけるグッズ販売ビジネスの運営委託
  • アパレルグッズ・キャップ類など、一部カテゴリー商品の独占的商品化権の付与
  • チームユニフォーム、および、レプリカユニフォームの独占的提供権(オフィシャルサプライヤー)の付与

ファナティクスが提唱する「V-Commerce*1」とソフトバンクホークスの持つ日本におけるスポーツマーチャンダイジングビジネスの知見を融合させることで、以下のような顧客満足の高いスポーツマーチャンダイジングビジネスの展開を実現いたします。

  • バリエーションとアイディアに溢れた各種企画商品の開発
  • Hot market*2商品やMade-to-Order*3商品など、ニーズの高い商品の素早い生産・提供
  • 公式ECサイトの刷新による検索性の向上および納期短縮、顧客満足度の飛躍的な改善
  • ECサイトと店舗との連携による最適化されたオムニチャネル販売施策の構築
  • 最適化された1to1マーケティングによる質の高い購買体験の提供

※1 企画、製造、販売までを垂直統合的に行うビジネスモデル
※2 優勝・記録達成などの特別な瞬間の記念グッズ
※3 お客さまのニーズに合わせてネームやナンバー等をカスタマイズ(パーソナライズ)する商品展開

2.コメント

福岡ソフトバンクホークス株式会社 代表取締役社長兼オーナー代行 後藤芳光

「今回の意義深いパートナーシップ締結を非常に喜ばしく思っております。
当社は、スポーツマーチャンダイジングの世界的リーダー ファナティクスのアジアで最初のパートナーシップ締結会社となりました。当社は、ファナティクスの持つ世界屈指のショッピングサービスと当社のもつ80年に渡るスポーツビジネスの経験や知見を融合させ、よりいっそうの驚きと楽しさにあふれたバラエティ豊かなオリジナルグッズを開発し、ファンの皆様へとお届けできるようになります。
我々は、全てのスポーツファンの皆様にご満足頂けるサービスを目指して相互に協力し、スポーツマーチャンダイズビジネスをさらに進化させ続けたいと願っております。」

ファナティクス・ジャパン合同会社 マネジング・ディレクター 川名正憲

「福岡ソフトバンクホークスと、ファナティクスのアジアにおけるV-Commerce*1のすべてを活用した最初のオフィシャルパートナーシップ契約を締結することに非常に嬉しく思っております。
人気と実力を兼ね備えた素晴らしいチームであるホークスと包括的なパートナーシップを構築することで、ホークスとホークスファンの皆様に更に大きなメリットを提供できるものと考えています。
社会の変化が早く、ファンのニーズも刻一刻と変わる中、ファナティクスが持つ生産・物流・EC・小売領域の知見及びテクノロジーをフル活用することで、ホークスファンの皆様に未だかつてないファン体験を提供できることと確信しています。」

3. ファナティクス、および、ファナティクス・ジャパンについて

Fanatics Inc.

本社: アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
Executive Chairman: Michael Rubin(マイケル・ルービン)
CEO: Doug Mack(ダグ・マック)
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、メジャースポーツリーグ、プロチーム、大学チームなどのオンラインストアおよびリテールショップの運営など http://fanaticsinc.com/

ファナティクス・ジャパン合同会社(英文表記:Fanatics Japan G.K.)

本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル8F
代表(マネジング・ディレクター):川名 正憲
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、リテール事業、EC事業
http://www.fanaticsjapan.com/

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
ファナティクス・ジャパン合同会社 戦略室 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる