2013/10/21(月)プレスリリース

訃報

2013年10月21日
福岡ソフトバンクホークス株式会社
福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社

訃報

福岡ソフトバンクホークス株式会社代表取締役社長兼オーナー代行・福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社会長兼代表取締役社長 笠井 和彦が、2013年10月21日午前10時07分、肺カルチノイドのため、東京都内の病院にて逝去いたしました(香川県高松市出身、1937年1月16日生まれ、享年76)。ここに生前のご厚誼に深謝申し上げご通知申し上げます。
通夜・告別式は、近親者のみにて執り行います。なお、誠に勝手ながら、ご弔問ならびにご弔電、ご香典、ご供物、ご供花等は、固くご辞退申し上げます。
後日「お別れの会(仮称)」を執り行う予定ですが、日時・場所等の詳細は未定です。

当球団オーナー 孫 正義のコメント

笠井さんは、2000年より当社の取締役に就任いただき、豊富な金融分野のご経験をもって、ソフトバンクグループの経営全般に多大な貢献をされました。また、福岡ソフトバンクホークス球団社長として、球団運営にも尽力されました。
誠実かつ公平無私、人情味あふれる御人柄ゆえに、笠井さんを慕う幹部や社員も数多く、常に後に続くわれわれの指針でありました。今に思えばどれだけ多くのものを譲り受けたか計り知れません。

ソフトバンクが、この10数年間で、ブロードバンド、固定通信、携帯事業へと幅広くビジネスを拡大し、世界的なモバイルインターネット企業への変貌を成し遂げることができたのは、笠井さんの多大な功績によるものです。

ここに、笠井さんのご冥福を謹んでお祈りいたします。

ソフトバンク株式会社
代表取締役社長  孫 正義

以上

お問い合わせ

「お別れの会(仮称)」に関するお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 総務室

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報室
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる