ニュース
戻る
プレスリリース 2008年12月15日配信

2009年、ヤフードームに新エリア「ビクトリーウイング」登場




2008年12月15日
福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社

4つの新しい観戦ゾーンで、かつてない野球観戦のスタイルを提案
2009年、ヤフードームに新エリア「ビクトリーウイング」登場

福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社は、2009年シーズンの開幕に向けて、ヤフードームの貴賓室「スーパーボックス」の一部を全面的に改装し、まったく新しい観戦スタイルを提案する4タイプの観戦シートからなる新区画、「ビクトリーウイング」を設けることになりましたのでお知らせいたします。

「ビクトリーウイング」は、ヤフードームのバックスクリーンに設置された「ホークスビジョン」を中心として1塁側・3塁側に大きく羽を広げ、勝利の空へと飛び立つ鷹をイメージしてネーミングされており、ヤフードームでの新たなる観戦スタイルをプロ野球ファンへ提案する、「上質な観戦空間」を統一したコンセプトに、バラエティ豊かな以下4種類のシートから構成されています。

1) ITを駆使したハイテク野球観戦を実現した「シスコゾーン」
2) 和テイストな雰囲気でゆったりと観戦できる「和(なごみ)シート」
3) 仲間同士の大人数グループでにぎやかに観戦できる「グループシート」
4) キッズ遊具を多数設置、元気に家族で観戦できる「キッズパーク」

これまでのヤフードームでは、スタンド座席での観戦、スーパーボックスという貴賓室での観戦に加え、臨場感あふれる「コカ・コーラシート」や最大5人が一区画で観戦できる「ボックスファイブ」など、様々な観戦スタイルを提供しておりましたが、「ビクトリーウイング」の登場により、さらにバラエティ豊かな、よりエキサイティングな観戦環境のご提供が可能となりました。

これら4つのシートエリアは、テラス式になった座席部分とその奥に広がるラウンジが一体化した、スタジアムの熱気と迫力が直接伝わるような施工デザインとなっております。また、ビクトリーウイングの4つのシートの価格には、ビュッフェ形式の食事と飲み物が含まれており、自席だけでなく、ラウンジからスタジアムの興奮を感じながら観戦することができます。(アルコール類は料金別)

各シートのチケット販売の詳細については、後日、公式サイト上で告知いたします。4つのシート区画の完成は、2月下旬を予定しております。今回のシート新設により、ヤフードームの収容人数は、現在の35,773人から36,253人(480人増)となります。なお、2009年シーズンの開幕に向けて、今回新設するシート以外に増席する計画はありません。

各シートの詳細とコンセプトは下記を参照ください。

『シスコゾーン』

場所

1塁側5F

シート数

128席

価格

1席 7,500円(税込)・ペア席15,000円(税込)

コンセプト

シスコシステムズ合同会社の協賛により、最先端のIT技術を投入したハイセンスなロビー空間と全席ペアのシートで端末ディスプレイが設置された「シスコゾーン」が誕生。洗練されたデザインのロビー空間には、複数アングルによる試合映像が楽しめる大型ディスプレイ(Cisco Wall)を設置。また様々な情報を提供できるデジタルサイネージシステムも導入しており、将来的には、双方向コミュニケーションが実現するテレプレゼンスにも対応可能になっています。全席ペア仕様の「シスコシート」には、野球観戦をさらにエキサイティングにする機能満載のタッチパネルPC端末が2台備え付けられており、様々な野球専用コンテンツを提供します。またシスコシートのエリア内には、無線LANアクセスポイントを装備しPC用電源も各席に用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み、例えばファンブログのリアルタイム更新から仕事のメールチェックまで可能になります。

<タッチパネル式端末で提供されるサービス>

マルチアングルの試合ライブ映像、イニング毎のプレイバック映像などムービーコンテンツ

選手情報などのデータコンテンツ

試合当日印象度ナンバーワン「MIP」の投票などインタラクティブコンテンツ

▼シスコゾーン空間イメージ図

2人がけのシートには、テーブルと情報端末ディスプレイが設置されます。

広々としたロビースペースには大型スクリーンとデジタルサイネージを導入。
各シートにはタッチパネルによるオンデマンド情報が満載。

▼「シスコシート」に設置される端末ディスプレイイメージ図

 

イニングプレイバック、映像アングル選択、スコア、選手情報、他球場情報など豊富な野球データでより深く野球観戦を楽しめます。

<ご参考>
シスコシステムズ合同会社:プレスリリース(12月15日付)

『グループシート』

場所

3塁側5F

シート数

260席

価格

1席5,500円(税込)

コンセプト

ちょっとしたパーティや、イベントなど複数の仲間で観戦来場される方へ向けた新しい観戦スタイルとなります。 団体のお客様向けには、ロビーエリアの仕切りを利用することで、その用途に応じたスペースの演出も可能です。 5階からフィールド全体を俯瞰できるゆったりした座席だけでなく、座席後方のロビーでは、ビュッフェ形式の食事を楽しみながら観戦できます。座席には収納可能な小テーブル付。

▼グループシート空間イメージ図

『和(なごみ)シート』

場所

1塁側6F

シート数

260席

価格

1席5,500円(税込)

コンセプト

座席後方には、靴を脱いで足を伸ばしてゆったりくつろげる畳スペースが登場。シートの椅子での観戦だけでなくちょっと落ち着いてゆったりくつろぎながら楽しみたい方向けのシートです。ご一緒に観戦される方と、ビュッフェ形式で供出される料理と会話がゆったりできる空間となっています。座席には収納可能な小テーブル付。

▼和(なごみ)シート空間イメージ図

『キッズパーク』

場所

3塁側6F

シート数

260席

価格

(おとな)4,500円(税込) (キッズ)1,500円(税込)※キッズは4歳以上小学生まで

コンセプト

小さいお子様連れのご家族の観戦にぴったりのシート。座席後方には、幼児から小学校低学年のお子様を対象とした遊具とともに、お子様が走りまわれるスペースを設置します。ビュッフェ形式の料理が提供されるため、お子様のお世話をしながらもすぐに食事を取ることができ、ビッグイニングや試合の盛り上がりを見逃すこともありません。授乳室も準備しておりますので、乳幼児のお子様をお連れの方でも安心して野球観戦が楽しめます。座席には収納可能な小テーブル付。以下は、設置する遊具のイメージ図。

ビクトリーウイング 座席仕様情報 (従来内野席比較)
シート名称 内野席

シスコゾーン
1塁側 5F

グループシート
3塁側 5F

和シート
1塁側 6F

キッズパーク
3塁側 6F

座席数 128 260 260 260
シート幅 450mm 670mm 520mm 520mm 520mm
前後間隔 800mm 970mm 900mm 900mm 900mm
横並席数 16連 2連 8連 8連 8連
アメニティ

ドリンク
ホルダー

ハイバックシート(ペア)
固定テーブル
(2人用)
幅 1340mm
奥行 400mm
ドリンクホルダー
荷物置き+洋服掛け
タッチパネルモニター
PC用電源コンセント

スプリング入りシート
可動テーブル
(1人用)
幅 380mm
奥行300mm
ドリンクホルダー

スプリング入シート
可動テーブル
(1人用)
幅 380mm
奥行300mm
ドリンクホルダー

スプリング入シート
可動テーブル
(1人用)
幅 380mm
奥行300mm
ドリンクホルダー

ビクトリーウイング 各シート区画位置
<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください