2017/03/16(木)選手

【戦評】吉村選手1号! 中村選手は4割目前

3月15日(水)ホークス3-5ジャイアンツ ヤフオクドーム

選手画像

選手画像

選手画像

若鷹のアピールが続くオープン戦ですが、ベテランも存在感を示して競争はなお激化。この試合ではまず、2回に「4番三塁」でスタメン出場した吉村裕基選手がレフト中段まで運ぶ特大のオープン戦1号ソロを放ちました。「ミスショットなく打てました。でも、もっと打たないと。シーズンでも打てるように頑張ります」と笑顔で話しつつも、気を引き締め直すような言葉を並べました。

6回にはこの日1軍に合流した江川智晃選手がレフトへタイムリー。今季13年目の右打者は「周りが打つ、打たないを気にしている場合ではない。まずは自分が出来ることをしっかりやること。それはずっと変わらない」と決意を滲ませていました。7回は11年目の福田秀平選手がセカンド内野安打で1打点。昨季は1番打者で開幕スタメンを勝ち取った好選手も、必死の毎日を送っています。

また、中村晃選手はずっと打撃好調でこの試合も3打数2安打。オープン戦打率を.393まで上げました。

投げては寺原隼人投手が1回打者3人できっちり抑える快投。練習試合も含めて無失点試合を続けています。

2017年3月16日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる