福岡ソフトバンクホークス

ホークス主催試合観客動員連動型 支援プログラムの実施について

福岡ソフトバンクホーク株式会社は、熊本・大分 地震災害復興支援プロジェクト『ファイト!九州』の一環として、主催試合の入場者数に連動した復興支援プログラムを2016年より実施しております。
今後も、九州にお住まいの皆さまがホークスを通して元気に明るい生活を送っていただけるよう、様々な活動を行っていきます。

支援プログラム内容

福岡ソフトバンクホークス主催試合*注 観客動員数×1円をNPO法人 ホークスジュニアアカデミー(福岡県福岡市 理事長 安積研二)へ寄付いたします。

*注 地方開催(熊本・鹿児島・長崎・北九州・東京・大阪)、パ・リーグクライマックスシリーズをふくみ、オープン戦をふくみません。

NPO法人ホークスジュニアアカデミーについて

地元九州を中心に日本の野球発展・普及に対する支援活動を通じ社会貢献をする非営利団体です。
野球教室の開催や野球スクール事業を実施しております。 NPO法人ホークスジュニアアカデミー 公式サイト

過去の寄付実績

年度 寄付額 内訳
2016年度 2,567,560円 公式戦 71試合 2,492,983人
クライマックスシリーズ 2試合 74,577人
2017年度 2,706,472円 公式戦 72試合 2,526,792人
クライマックスシリーズ 5試合 179,680人
2018年度 2,674,774円 公式戦 71試合 2,566,554人
クライマックスシリーズ 3試合 108,220人
2019年度 2,774,370円 公式戦 72試合 2,656,182人
クライマックスシリーズ 3試合 118,188人
2020年度 3,000,000円 公式戦 60試合 532,723人
クライマックスシリーズ 2試合 39,896人

※2020年度はコロナウイルス感染症による動員制限のため観客動員数×1円ではなく固定額を寄付