2021/07/10(土)第18回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5 4 2
  福岡ソフトバンクホークス 2 2 0 2 2 0 0 6 X 14 16 2

17:00試合開始|タマスタ筑後
第18回戦 11勝7敗0分|観客数:1550人

戦評

タマスタ筑後でオリックスと戦います。

[1回裏]
先頭の周東がフォアボールと盗塁でチャンスをつくると、釜元が先制タイムリーを放ちます!
さらに、バレンティンのタイムリーツーベースで初回に2点を先制します!

[2回裏]
1アウト満塁からリチャードのタイムリーツーベースで2点を追加します!

[4回裏]
この回も周東のタイムリースリーベース、釜元の犠牲フライで2点を追加します!

[5回裏]
先頭の中谷がヒットで出塁すると、増田が2ランホームランを放ちます!

[8回表]
3番手・高橋純、2者連続のフォアボールを与えると、2つのエラーで2点を失います…
さらに、田城のタイムリースリーベースで4失点でマウンドを降ります…
4番手・泉もワイルドピッチで1点を追加され、この回5点を返されます…

[8回裏]
柳町・水谷の連打などでチャンスをつくると、井上・釜元・渡邉陸のタイムリーなどでこの回6点を追加します!

[9回表]
5番手・椎野、三者凡退に抑えゲームセット!

釜元が4安打の活躍で大勝のソフトバンク
先発・スチュワートは5回8奪三振無失点の好投で6勝目を挙げました。
一方の打撃陣は釜元の4安打4打点の活躍など、16安打14得点と打線が爆発し大勝しました。