2008/03/25(火)第2回戦

福岡ソフトバンク vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 3 1
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2 10 0

18:00試合開始|ヤフードーム
第2回戦 2勝0敗0分|小雨 15℃|観客数:26,230人

 

4連勝の勢いそのままに、ソフトバンクは本拠地・ヤフードームでロッテ3連戦の2戦目に臨みます。
ソフトバンク先発の大隣は、1・2回を連続三者凡退と上々な立ち上がりを見せますが、3回に西岡のタイムリー2塁打で1点を先制されます。しかしその後は、4回以降を4イニング連続の三者凡退に仕留める素晴らしい投球。ロッテに流れを渡す事なく、打線の援護を待ち続けます。
この大隣の好投に何とか応えたい打線は7回、レストビッチの四球から田上のヒットで1死3塁1塁のチャンスを作り、井手が積極的に初球を叩き、レフト前へ同点のタイムリー。これで勢いを掴み2死3塁1塁から、今度は本多がライト前へ弾き返して勝ち越し。チーム一丸の攻撃で逆転に成功し、今日も終盤の粘り強さを見せつけます。
1点のリードを貰った大隣は、8回のピンチを抜群の制球力で封じ込めると、9回・最後の打者も球威のあるストレートで空振り三振。ロッテ打線から緩急自在の投球で3安打・毎回の12奪三振・1四球、124球の熱投でプロ初完投勝利を飾りました。
これでソフトバンクはロッテ3連戦の勝ち越しを決め、2005年以来の開幕5連勝。明日もこの勢いで2カード連続の3連勝を狙います。