2010/05/15(土)第1回戦

東京ヤクルト vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 9 0
  東京ヤクルトスワローズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

18:00試合開始|神宮
第1回戦 1勝0敗0分|快晴 20℃|観客数:26,505人

 

2010年の交流戦は連敗スタートとなってしまったソフトバンク。今日こそ初勝利を目指し、敵地・神宮球場に乗り込みヤクルトとの2連戦に挑みます。
その大事な初戦。ソフトバンクは2回に先頭の長谷川が四球で出塁すると、続く森本のレフト前ヒットと山崎の送りバントなどで2死3塁2塁のチャンス。ここで打席の川崎は初球のカーブをセンター前へ弾き返し、3塁ランナー・長谷川と2塁ランナー・森本がホームイン。ソフトバンク、繋ぎの打線で幸先良く2点を先制します。
一方、先発の和田は立ち上がりから再三ピンチを背負うものの、要所を締める投球で序盤3回を無失点。粘り強い投球で踏ん張ると、徐々にリズムを掴み、5・6回を2イニング連続の三者凡退。尻上がりに調子を上げた和田は、2点のリードを守り、6回を投げ終えたところで中継ぎ陣に後を託します。
ここから勝利へ向け、継投策に入ったソフトバンク。7・8回の2イニングを攝津・ファルケンボーグが、バックの堅い守備もあり3人ずつできっちり終わらせると、9回には守護神・馬原が登板。その馬原も最後まで落ち着いた投球で締めくくり、ヤクルト2連戦の初戦をモノにし、ソフトバンク今季4度目の完封勝利。川崎が挙げた2点を守り、先発・和田から攝津・ファルケンボーグ・馬原の「SBM勝利の方程式」へと繋ぐ磐石の無失点リレー。圧倒的な投手力で、今季・交流戦の初白星を掴みました。
先発の和田は、6回を4安打・6奪三振で無失点と好投。大学時代を過ごした思い出の地・神宮で今季5勝目。また9回に登板した馬原が、リーグトップタイとなる今季13セーブ目をマークしました。
連敗を「3」で止めたソフトバンク、これで2005年から記念すべき通算400勝を達成。明日も勢いそのままに連勝を決め、交流戦・3連覇へここから加速していきたいところです。