2010/05/22(土)第2回戦

福岡ソフトバンク vs 広島

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  広島東洋カープ 0 0 1 0 0 0 3 0 0 4 7 1
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 6 1 0 0 0 0 X 7 10 0

13:00試合開始|ヤフードーム
第2回戦 1勝1敗0分|快晴 20℃|観客数:31,952人

 

ソフトバンク、広島2連戦の初戦を勝利で飾れず迎えた第2戦。今日は投打をしっかり噛み合わせ、必ず白星を掴みたいところです。
その試合で、ここまで5勝を挙げている和田が先発マウンドに登ります。その和田は低めを丁寧に突く投球で、立ち上がりの1・2回を2イニング連続の三者凡退。しかし3回、2者連続三振で2死を奪うも、石原の2塁打から東出にタイムリーを打たれ、広島に1点の先制を許してしまいます。
しかしその裏、すぐにソフトバンク打線が広島先発の相澤に襲い掛かります。まずは1死2塁から本多が左中間を破るタイムリー2塁打で同点に追いつき、続くオーティズがレフトスタンドへ弾丸ライナーで突き刺す第15号2ラン。これで勝ち越すと、更に小久保のヒット、多村の四球で1死2塁1塁のチャンスを作り、今日1軍に復帰した松中がレフト前へタイムリー。まだまだ止まらない打線は、なおも満塁から初スタメンの福田が2番手・梅津からプロ初ヒットとなるタイムリー2塁打を放ち、この回計6点のビッグイニング。一気に逆転に成功し、5点リードと完全に勢いを掴みます。
すると続く4回にも、小久保の犠牲フライで1点を追加したソフトバンク。大量6点差をつけ、試合の主導権を握ったまま前半を折り返します。
一方、5回まで2安打・1失点の好投を続けた和田でしたが、7回から徐々に球が高めに浮き、広島打線に4本のヒットを集められ計3失点。3点差に詰め寄られたところで、和田は降板となってしまいます。それでも代わった2番手・甲藤が1死2塁から打者2人を片付け、広島の反撃を食い止める好リリーフ。すると8回を3番手・ファルケンボーグがビシッと3人で黙らせ、9回を守護神・馬原が三者凡退締め。序盤の集中打で逆転に成功したソフトバンク、磐石の継投策で広島の追い上げをねじ伏せ、見事な逆転逃げ切り勝利。これで今カードを1勝1敗のタイとし、今季交流戦も4勝4敗の五分に戻しました。
先発の和田は、7回途中を7安打・8奪三振・4失点で今季6勝目。また馬原が14セーブ目をマーク。打線は計10安打で今季5度目となる先発全員安打。また4月28日以来に1軍に戻ってきた松中が、自らの復帰戦を祝うタイムリー。更に初スタメンの福田がプロ初ヒット放つなど、打線に新しい風を吹き込んでいます。
ソフトバンクは、今日で50試合を終え28勝21敗1分。明日からはロードに出て、尾花監督が指揮を執る横浜との2連戦。ここでも一戦一戦を大事に戦い、着実に白星を積み重ねていきたいところです。