2010/07/01(木)第12回戦

千葉ロッテ vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 8 2
  千葉ロッテマリーンズ 2 0 1 4 0 0 0 0 X 7 10 0

18:15試合開始|千葉マリン
第12回戦 7勝5敗0分|快晴 25℃|観客数:12,394人

 

6月を終え、首位・西武とは3ゲーム差、そして2位・ロッテとはゲーム差なしの3位・ソフトバンク。今日は1勝1敗のタイで迎えたロッテ3連戦の最終戦。勝利で今カードを勝ち越し、2位へ返り咲いて7月をいい形でスタートさせたいところです。
その試合で、ソフトバンクは前回登板・プロ入り初勝利を掴んだ山田が先発。しかしその山田は立ち上がりの1回、1死2塁から井口に第7号2ランを浴び2失点。プロ初被弾でロッテに先制点を許すと、3回には味方のタイムリーエラーで1失点。早めにこの悪い流れを断ち切りたい山田でしたが、続く4回には自らの四球でピンチを招き、西岡・今江のタイムリーで2失点。山田はこの回途中で降板し、2番手・金澤に後を託しますが、その金澤もロッテの勢いを止められず、更に2失点。
4回が終わり、大量7点差を付けられてしまったソフトバンク。しかし5回を、気持ちを切り替えた金澤が3人でピシャリ。これでロッテの流れを止めると直後の6回、2死から本多が3打席連続となるヒットで出塁し、松中も気迫の内野安打で繋ぎ2死2塁1塁のチャンス。ここで打席に入った多村が、ロッテ先発・渡辺俊の緩いカーブをレフト前へ運び、2塁ランナー・本多がホームイン。打線が繋がりを見せ、2死からの3連打でついに1点を返します。
ようやく反撃を開始したソフトバンク。その後は直後の6回裏を3番手・藤岡、続く7回を4番手・甲藤、8回を5番手・森福がそれぞれ無失点に抑える見事な継投リレー。しかしこの中継ぎ陣の好投に応えたい打線でしたが、9回に先頭・多村のライトスタンド中段へ運ぶ意地の第14号ソロで1点を返すも、反撃はここまで。前半に大量ビハインドを負ってしまったソフトバンク、打線は計8安打を放つも、最後まで先発・渡辺俊を打ち崩せず、ロッテに痛い連敗を喫してしまいました。
しかし敗れはしたものの、投げては昨日好投した中継ぎ陣が、今日も安定したピッチングを披露。打っては、本多が3安打・猛打賞。更にチームの全打点を叩き出した多村が本塁打を含む2安打・マルチで、順調に連続試合安打を「10」に伸ばしています。
7月を白星発進とはいかなかったソフトバンク、明日からは本拠地・ヤフードームに戻り、オリックスとの3連戦。チームにいい流れを呼び込むべく、ここでまずは連敗を止め、そして再び連勝へと繋げていきたいものです。