2010/08/22(日)第20回戦

楽天イーグルス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10 2
  東北楽天ゴールデンイーグルス 3 0 0 0 0 1 0 0 X 4 3 0

17:00試合開始|Kスタ宮城
第20回戦 14勝5敗1分|快晴 35℃|観客数:17,343人

 

昨夜はエース・杉内の力投と打線大爆発で楽天に快勝したソフトバンク。連勝で勢いに乗る今日の第3戦もきっちり勝利を飾り、同一カード3連勝と最高の形でロード6連戦を締めくくりたいものです。
その試合は1回、先頭・川崎のヒットと続く本多の送りバントなどで2死2塁のチャンスを作ると、小久保が三遊間へのゴロに1塁へ気迫のヘッドスライディングを見せ内野安打。これで2死3塁1塁とするも後続が凡退してしまい、先制点を挙げることが出来ません。
しかしキャプテンがいきなり気迫のプレーを見せ、ここから一気に勢いに乗りたいソフトバンク。ところが直後の1回裏、7月14日以来の勝ち星で今季5勝目を目指しマウンドに登った先発・小椋が乱調。先頭打者を簡単に抑えるも、そこから連続四球で1死2塁1塁とピンチを作り、続く山崎武のレフト前タイムリーで1失点。この1点で踏ん張りたい小椋でしたが、そこから1死満塁の大ピンチを背負うと、中村紀のタイムリー内野安打と川崎の2塁悪送球・タイムリーエラーが重なり計2失点。小椋は立ち上がりに3失点と試合のリズムを全く作れず、1回を投げきることが出来ずに降板となってしまいます。
それでもその後のピンチを2番手・金澤がビシッと抑えると、その金澤は続投した2・3回をきっちり無失点。更に3番手・森福が、4・5回の2イニングを三者凡退に抑え、楽天に傾いた流れを断ち切る好リリーフ。
しかし一方の打線は、楽天先発・田中からヒットこそ放つものの、チャンスにあと一打が出ず、得点を奪うことが出来ません。すると6回、ロングリリーフとなった森福が牧田にセンターバックスクリーンへ第2号ソロ。手痛い一発を浴びてしまい、これで4点のビハインドとなってしまいます。
それでも味方の逆転を信じる中継ぎ陣は、終盤に入った7回を森福・吉川輝の継投で黙らせると、更に8回は続投した吉川輝が三者凡退と好投し、チームにいい流れを引き戻します。
この中継ぎ陣の好投に何としても応えたいソフトバンク打線。ところが8回に無死3塁2塁のチャンスを作るも、ここで期待のクリーンナップが倒れてしまい、まさかの無得点。勝利への執念を見せたい最終9回の攻撃では、長谷川が2ケタに乗せるチーム・10安打目となる2塁打で再びチャンスメイク。しかしここも後続が凡退してしまい、得点を奪えず。楽天先発・田中を最後まで打ち崩せず、完封負けを喫してしまったソフトバンク。決定打に泣き、楽天3連戦の最終戦を白星で飾ることが出来ませんでした。
しかし敗れはしたものの、2回以降を金澤・森福・吉川輝の3人で、楽天打線をわずか1安打。本塁打による1点のみで抑え、今日は中継ぎ陣が力投。更に首位・西武が今日も日本ハムに敗れたため、ゲーム差は変わらず「1.5」のまま。
明後日からは本拠地・ヤフードームに戻り、オリックス・ロッテと続くホーム6連戦。ホームの後押しを受け、まずは最初のカード・オリックス3連戦へと臨みます。