2010/10/14(木)第1回戦

福岡ソフトバンク vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 7 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 0

18:00試合開始|ヤフードーム
第1回戦 0勝1敗0分|快晴 20℃|観客数:35,118人

 

悲願のリーグ優勝を果たし、今日から日本シリーズの出場権を懸けたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ。ソフトバンクはカチドキレッドのファンで真っ赤に染まった本拠地・ヤフードームに、ファーストステージを勝ち上がってきたロッテを迎え撃ちます。
短期決戦の流れを左右する大事なその初戦。まずは勢いをつけたい1回の攻撃で、先頭・川崎のヒットと本多の送りバント、更に松中・多村の四球などで2死満塁。いきなりチャンスを作りますが、しかし続くペタジーニが三振に倒れてしまい、ロッテ先発・成瀬から先制点を奪うことが出来ません。
するとソフトバンクは先発を託されたエース・杉内が2回に連打で無死3塁1塁のピンチを招くと、続く大松にライトスタンドへクライマックスシリーズ・第1号となる3ランアーチ。手痛い一発でロッテに先制を許してしまいます。しかしその後、杉内は味方の好守にも助けられながら粘りのピッチングを続け、前半5回を本塁打による3失点のみで乗り切ります。
ところが一方の打線は、3回には本多のヒットと松中の四球で1死2塁1塁のチャンスを作るものの、あと一本が出ず無得点。それでも5回、先頭・松田の内野安打と続く田上の送りバントで1死2塁と再びチャンスを作ると、ここで川崎が3塁手後方にポトリと落とす技ありのタイムリー。ロッテのエース・成瀬から待望の1点をもぎ取り、前半のうちに点差を2点に縮めます。
この1点を反撃の足掛かりにしたいソフトバンク。後半に入った直後の6回を杉内がきっちり無失点に抑えると、続く7回途中から杉内の後を継いだ2番手・金澤、更には8回をピンチで登板した3番手・森福がともに流れを渡さぬ好リリーフ。ロッテの勢いを食い止め、追加点を阻止します。
しかし守備で作ったいい流れを攻撃へと繋げ、一気に試合をひっくり返したいところでしたが、打線は後半に入っても成瀬の投球術の前に的を絞れず、6回から8回までまさかの3イニング連続三者凡退。
それでも自慢の中継ぎ陣の力投は続き、9回表に4番手・甲藤が2者連続三振の三者凡退と、逆転サヨナラ勝利へ弾みをつけますが、打線は最後まで好投・成瀬を攻略出来ずに9回裏の攻撃も3人で終了。ソフトバンク、勝って優位に立ちたかったクライマックスシリーズ・ファイナルステージの第1戦。投手陣が踏ん張るも、打線がロッテ先発・成瀬の前にわずか4安打と沈黙してしまい、悔しい敗戦を喫してしまいました。
これで1勝のアドバンテージは消え、対戦成績は1勝1敗のタイ。しかし日本シリーズへの扉を開く戦いは、まだ始まったばかり。すぐに気持ちを切り替え、明日の第2戦に臨むソフトバンク。ただ真っ直ぐ前だけを見て、まずは明日の勝利を目指したいところです。