2013/04/19(金)第4回戦

オリックス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 3 1 0 0 0 0 0 0 0 4 7 0
  オリックス・バファローズ 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1

18:00試合開始|京セラドーム
第4回戦 2勝2敗0分|快晴|観客数:17,484人

先発・攝津投手が安定感抜群のピッチングでOSAKA CLASSIC初戦を勝利!

京セラドームで、オリックスとの3連戦を戦います。
南海ホークスのユニフォームを着用するソフトバンクは、エース・攝津が先発のマウンドに上がります。

[1回表]
フォアボールと内川のヒットなどで1・3塁のチャンスを作ると、松田・ラヘアが連続タイムリーを放ち幸先良く3点を先制します!

[2回表]
2アウトから本多がヒットと盗塁でチャンスを作ると、続く内川がタイムリーを放ち1点を追加します!

[2回裏]
先発・攝津、先頭・李大浩に死球を与え、続く5番・T-岡田にライトへ2ランHRを浴びて2点を返されます・・・

[8回裏]
2番手・岩嵜、しっかり三者凡退に抑えます!

[9回裏]
最後は3番手・ファルケンボーグがヒットを浴びるも落ち着いて後続を打ち取りゲームセット!

先発・攝津は、1発を浴びるも安定感抜群のピッチングで7回を2失点抑えました。
一方の打撃陣は、初回に4番・松田、5番・ラヘアが連続タイムリーを放つなど立ち上がりを攻めました。