2014/10/20(月)第6回戦

福岡ソフトバンク vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 2 1 0 0 1 X 4 8 1

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第6回戦 3勝3敗0分|快晴|観客数:38,561人

投打がガッチリかみ合い、3年ぶりの日本シリーズ進出!

ヤフオクドームで日本ハムとクライマックスシリーズファイナルステージ第6戦を戦います。
ソフトバンクは、大隣が先発のマウンドに上がります。

[4回裏]
先頭の2番・明石がツーベースで出塁すると、3番・内川がタイムリーを放ち1点を先制します!
その後2アウト1・3塁とすると、7番・吉村のタイムリーで1点を追加し2-0とします!

[5回裏]
先頭の9番・細川がソロHRを放ち3-0とリードを広げます!

[7回表]
先発・大隣、ヒットのランナーを許すも気持ちの入ったピッチングで、この回も無失点に抑えます!

[8回裏]
先頭の2番・明石がヒットと盗塁で2塁まで進むと、3番・内川の内野ゴロの間に3塁に進塁し、4番・李大浩のタイムリーツーベースで4-0とダメ押しの1点を追加します!

[9回表]
3番手・サファテ、フォアボールのランナーを背負うと、9番・大野のピッチャーへの内野安打と自らのエラーで1点を失います…
しかし、気迫のピッチングで最後は2番・中島卓をショートゴロに打ち取りゲームセット!

先発・大隣は中4日となる登板も、7回を6安打無失点に抑える見事なピッチングを見せました。
一方の打撃陣は4回、5回に得点し試合を優位に進めると、8回にもダメ押しとなる1点を上げ、クライマックスシリーズ優勝と3年ぶり日本シリーズ進出を決めました。